悪路、雨天もなんのその!「ホカ オネオネ」の防水アウトドアブーツで、あらゆる地形を走り抜けろ。

文:Pen編集部

悪路、雨天もなんのその!「ホカ オネオネ」の防水アウトドアブーツで、あらゆる地形を走り抜けろ。

ブランド名「ホカ オネオネ」はニュージーランドの原住民・マオリ族の言葉で「さあ、飛ぼう」を意味します。まさに翼が生えたような脚運びを実現するのです!(写真はレディスのカラーリング)

年始恒例の箱根駅伝のドラマに、「よし、今年こそは走ろう」と思った人も多いのでは? しかし、シューズを買わなきゃ、ウェアを買わなきゃ……と考えているうちに、結局面倒になってランニング自体をあきらめてしまうことも往々にしてあるでしょう。そうなる前に、お薦めのシューズをご紹介します。走るだけでなく、アウトドアが好きな人、トレッキングに挑戦したい人にもピッタリな「アウトドアブーツ」です。

2009年に創業した「ホカ オネオネ」は、通常のランニングシューズの2倍の厚さをもちながらも軽量なミッドソールを採用。着地時の衝撃を吸収し、抜群の履き心地を生み出しました。つま先とかかとをそぎ落とした舟底のような形状のアウトソールは、ロッキングチェアのようなスムーズな脚運びを導きます。また足全体をしっかり包み込むアッパーの構造は足のズレを防ぎ、多くのウルトラマラソンランナーの悲願であった「下り坂を楽に走り抜く」ことを可能にしたのです。

そんなホカ オネオネで注目したいのが、ランニングシューズの機能を兼ね備えたアウトドアブーツ「トゥ ウルトラハイ ウォータープルーフ」。同社の他のランニングシューズと同じ形状のソールは、安定したフォームで走れることはもちろん、5mmの深さの凹凸を施すことによってグリップ力を発揮、岩場でも砂利道でも、あらゆるフィールドでのランニングが可能になります。レザーとナイロンを組み合わせたアッパーは防水性に優れ、悪天候や悪路をものともしない堅牢なつくりはトレイルランやトレッキング、ハイキングにも最適でしょう。

今回登場の新色に加え、2016年SSに発売されたシックなワントーンカラーの2種も、一部セレクトショップと公式サイトで限定復刻。これを機に、2018年は野外を駆け巡るアクティブな1年にしませんか?

悪路、雨天もなんのその!「ホカ オネオネ」の防水アウトドアブーツで、あらゆる地形を走り抜けろ。

今シーズン、新たなカラーリングで登場。25.0~30.0cmという幅広いサイズ展開も嬉しいポイント。しっかり足に合ったサイズを選びましょう。¥37,800(税込)

悪路、雨天もなんのその!「ホカ オネオネ」の防水アウトドアブーツで、あらゆる地形を走り抜けろ。

レディースはこちらの1色のみ。22.0~26.0cmと、こちらもサイズは豊富に揃います。メンズ、レディースともに2018年1月中旬に発売予定。¥37,800(税込)

悪路、雨天もなんのその!「ホカ オネオネ」の防水アウトドアブーツで、あらゆる地形を走り抜けろ。
悪路、雨天もなんのその!「ホカ オネオネ」の防水アウトドアブーツで、あらゆる地形を走り抜けろ。

2016SSに登場したワントーンカラーも限定復刻中。ともに¥37,800(税込)

問い合わせ先:デッカーズジャパン
TEL:0120-710-844
www.hokaoneone.jp