90年代の音が聴こえる、写真家「マート&マーカス」と「ディースクエアー...

90年代の音が聴こえる、写真家「マート&マーカス」と「ディースクエアード」のコラボコレクションに注目せよ!

文:Pen編集部

90年代の音が聴こえる、写真家「マート&マーカス」と「ディースクエアード」のコラボコレクションに注目せよ!

コーティングコットンで手がけられた、真紅のオールインワン。独特な素材やカラーで存在感を放ちます。オールインワン(マート&マーカス 1994× ディースクエアード/新宿伊勢丹メンズ館、阪急メンズ東京)¥288,360(税込)

『ヴォーグ』や『インタビュー』をはじめとするモード誌や、「ルイ・ヴィトン」「ミュウミュウ」などビッグメゾンのキャンペーンビジュアルも担当してきた、ファッションフォトグラファーデュオ、「マート&マーカス」。このたび、そのマート&マーカスと「ディースクエアード」のコラボレーションが実現し、カプセルコレクションが展開されます。

マートとマーカスのふたりが出会ったのは、1994年。グランジやオルタナティブ・ロック、グラフィティアートなど、新たな音楽やアートが盛り上がりを見せた時代でした。今回のカプセルコレクションは、そんな1994年のカルチャーシーンからインスピレーションを受けたもの。

たとえば、ケイト・モスのフォトプリントが施された、真っ赤なスウェット。ケイト・モスは、グラマラスな女性像と真逆な存在の、〝ヘロイン・シック(骨格が際立つ細い体つき、顔色が悪く病的に見えるルックス)〟なモデルとして当時のファッションシーンを席巻しました。また、この頃はグランジの影響で、古着の擦り切れたネルシャツやカーディガン、穴の開いたジーンズやスニーカーなど、着崩したスタイルが一世を風靡していました。このグランジを表現するのに、ケイト・モスのようなヘロイン・シックなモデルが象徴的だったというわけです。

こうした90年代の”音“が感じられるルックに、当時を彷彿させるゆったりしたサイズ感のカプセルコレクション。3月15日から伊勢丹新宿メンズ館で、4月24日からは阪急メンズ館にて、順次ポップアップが展開されます。この機会をお見逃しなく!

90年代の音が聴こえる、写真家「マート&マーカス」と「ディースクエアード」のコラボコレクションに注目せよ!

照り輝く、ラミネート素材のパンツ。バッグには今回のコラボレーションの証が。パンツ(マート&マーカス 1994× ディースクエアード/新宿伊勢丹メンズ館、阪急メンズ東京)

90年代の音が聴こえる、写真家「マート&マーカス」と「ディースクエアード」のコラボコレクションに注目せよ!

90年代のアイコンであるケイト・モスの写真がプリントされたスウェット。グランジを彷彿させます。スウェット(マート&マーカス 1994× ディースクエアード/新宿伊勢丹メンズ館、阪急メンズ東京)¥68,040(税込)

マート&マーカス 1994× ディースクエアード

伊勢丹新宿メンズ館
東京都新宿区新宿3丁目14-1 伊勢丹新宿店メンズ館3F
TEL:03-5269-4196
期間:3/15(金)~3/26(火)
営業時間:11時~20時(3/15のみ18時30分まで)

阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2丁目5-1 阪急メンズ東京1F
TEL:03-6252-5328
期間:4/24(水)~5/7(火)
営業時間:11時~20時

90年代の音が聴こえる、写真家「マート&マーカス」と「ディースクエアー...