新型コロナウイルスと戦う! ファッション企業が続々と支援に乗り出した。...

新型コロナウイルスと戦う! ファッション企業が続々と支援に乗り出した。Vol.2

構成・文:高橋一史

ケリング・グループがコーポレートサイトで公開している医療従事者への応援イラスト。幸せな気分にさせてくれる、心温まる絵だ。

人々の憧れを提案するファッション企業がいま、日々の暮らしを取り戻そうと新型コロナウィルスへの脅威に果敢に立ち向かっている。医療機関の支援をはじめ、防護服やマスクの製造といった工場インフラの活用は、この業界ならではだ。こうしたファッション企業の支援活動を紹介するこの連載記事のVol.2では、世界有数のラグジュアリー企業4社の功績に目を向ける。

※ 掲載内容は各社の支援活動の一部であり、すべてではありません。


多角的に支援を続ける、ケリング・グループ

グッチ、サンローラン、バレンシアガといったブランドを擁する、フランスに本社をもつグローバル・ラグジュアリー・グループ「ケリング」。中国が深刻な危機に陥った1月には、中国湖北省赤十字に750万人民元(約100万ユーロ=約1.1億円)を寄付。3月のイタリア危機ではグループ内のブランドとともに同国内の主要病院に200万ユーロ(約2.2億円)を寄付した。
同月にグッチは独自に、イタリア・トスカーナ州の要請に応じて医療向けサージカルマスクとガウンの製造をスタート。合計110万枚のマスクと5万5000着のガウンが生産される見込みだ。グッチはさらに各機関への寄付も行い、ブランドのSNSアカウントを活かしてWHOからの情報拡散にも協力している。

ケリングはイタリアにおいて女性のサポートも行っている。外出禁止で顕在化した家庭内暴力への対策だ。傘下のイタリアブランド、ポメラートとドドが被害者のための啓蒙キャンペーンと募金活動を始めた。

またケリングはフランスで医療機関にサージカルマスク300万枚を配布。ウィルス研究を進めるパスツール研究所をはじめ、各病院にも研究や医療器具調達のための資金を提供している。さらに同国のバレンシアガ、サンローランは、週に1万5000枚のサージカルマスクを製造してパリの医療スタッフに配布中だ。アメリカでも4月にケリングは傘下のブランドとともに、CDC(米疾病対策センター)財団への100万ドル(約1億円)の寄付を発表した。

同グループが日本語対応のコーポレートサイトで展開している、イラストのダウンロード&シェアサービスにもぜひご注目を。医療従事者を応援する気持ち、人々のつながり、現在をポジティブに過ごす日常が、イラストレーターのSoledad Braviの絵で表現されている。ハッシュタグ「#KeringForYou」をつけて、シェアしてはいかがだろうか。(コーポレートサイトはこちらから

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー