素材としての木のよさを再発見! 「ウッドデザイン賞 2018」が今年も...

素材としての木のよさを再発見! 「ウッドデザイン賞 2018」が今年も募集を開始しました。

文:和田達彦

「ウッドデザイン賞 2017」ライフスタイルデザイン部門奨励賞受賞作品の木のヘッドホン「Konohazuk H3」(合同会社コノハズク)。ボディ全体が岩手県産のブナを用いてつくられています。

古くから日本人の暮らしに密接にかかわってきた、最も親しみのある素材のひとつ、木材。近年は木製品のよさが見直されつつありますが、日本では戦後に造成された人工林が本格的な利用期を迎え、これを積極的に利用していくことが森林や文化を守るためにも重要です。そこで、より多くの人に木の価値を知ってもらおうと...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
素材としての木のよさを再発見! 「ウッドデザイン賞 2018」が今年も...