大御所デザイナーの手で、スキポール空港のベンチが世界初...
AMSTERDAM アムステルダム

大御所デザイナーの手で、スキポール空港のベンチが世界初のサステイナブル仕様に!

文:ユイキヨミ

フレームのアルミニウムは、旧型のものを溶かして再利用。修理やメンテナンスをしやすくするため、すべてのパーツはネジで固定する。台座は、革の端材を再生した新素材。クッションには生物分解する自然素材のラテックスなどが使用されている。photo: Courtesy of Richard Hutten Studio

1991年のデビュー以来、第一線で活躍し続ける大御所デザイナー、リチャード・ハッテン。近年では、「プラスチック・フリー・デザイナー」宣言をするなど、サステイナビリティに軸においた活動を展開している。そんなハッテンの最新作が、スキポール空港ロビーに設置されたベンチ「Blink(ブリンク)」だ。オ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
大御所デザイナーの手で、スキポール空港のベンチが世界初...