どこから見ても美しすぎる「リッツウェル」のテーブルで、自宅をアップデート

どこから見ても美しすぎる「リッツウェル」のテーブルで、自宅をアップデート

文:Pen編集部

今回、写真中央のMT TABLEが発売となる。

1992年に福岡で創業し、綿密に計算された絶妙な“程良さ”が魅力の家具ブランド「リッツウェル」。同ブランドのMT・MOシリーズに5月25日、新アイテムが加わる。「MTシリーズ」からはダイニングテーブル、「MOシリーズ」からはダイニングテーブルとベンチが発売となる。また、椅子やベンチの座面の素材に、ツヤを抑えた自然な仕上がりの「マットウレタン塗装」が新たに加わる。

MT TABLE
厳選された美しい無垢材をていねいに削り出し生まれたこのテーブルは、ボリュームのある天板と華奢な脚部、無垢材の温かさと金属の無機質な質感など、対照的なエッセンスが絶妙なバランスで組み込まれている。天板エッジがなだらかななので、腕を置いた際に優しく馴染む点もポイントだ。さまざまなサイズの天板、脚部の素材を選び組合せることができる。

MO TABLE
温かみのある雰囲気が印象的なテーブルシリーズに長方形のサイズが加わった。丸みを帯びた天板エッジ、天板から斜めに延びる丸脚など、無垢材の質感を存分に感じさせながらもすっきりと仕上がったモダンなフォルムが美しい。

MO BRIGE BENCH / MO BRIGE SQUARE BENCH
どこかほっとする雰囲気がある丸みのあるエッジラインと、座面に編み込まれた厚革ベルトが生み出す豊かな表情が魅力のMO BRIDGEシリーズ。シンプルなフォルムゆえ、ダイニングや玄関などさまざまな場所でフレキシブルに使用できるのも特徴だ。昨年発売されたスツールに、長方形と正方形のベンチタイプが新たに加わる。

飽きのこないシンプルなフォルムのMT・MOシリーズを、ぜひ全国のショールームで一度見てほしい。


【関連記事】
深澤直人が、アメリカの老舗「エメコ」の椅子をデザイン

瀬戸内がますますお洒落に! アマン創立者による「Azumi Setoda」と「SOIL SETODA」が誕生

隈研吾が惚れ込んだ「北海道東川町」は、クリエイターの新拠点としても期待大

1 / 2p
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...