イサム・ノグチや剣持勇らが追い求めた、モダンデザインの歩みを紐解く。

イサム・ノグチや剣持勇らが追い求めた、モダンデザインの歩みを紐解く。

写真・文:はろるど

淡い明かりを放つイサム・ノグチの『あかりシリーズ』。ノグチは岐阜の伝統的な提灯に着想を得て、和紙と竹による照明彫刻の『あかり』を制作した。

戦前から戦後にかけて、合理的な機能美をもつモダンデザインを追い求めたデザイナーたちがいる。彼らは学び合いながら、日本の生活様式に馴染む家具や照明、建築などを数多くつくり出した。パナソニック汐留美術館で開催中の『モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展』では、主に1930年から1960年代にかけて活動し...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
イサム・ノグチや剣持勇らが追い求めた、モダンデザインの歩みを紐解く。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。