村野藤吾と槇文彦、横浜を巡る展覧会『M meets M』でふたりの建築...

村野藤吾と槇文彦、横浜を巡る展覧会『M meets M』でふたりの建築家の軌跡を知る。

文:はろるど

BankART Temporaryの『槇文彦展』1階会場風景。奥には横浜新市庁舎の30分の1スケールの巨大な断面図が吊り下げられている。写真: ©︎ BankART1929

ともに日本を代表する建築家である村野藤吾(1891~1984年)と槇文彦(1928年~)。ひと世代ほど離れたふたりは、横浜にて重要な建築設計に携わっている。村野が手がけたのは、1959年に横浜開港100周年を記念して建てられ、移転のため役割を終えた旧横浜市庁舎。槇は、2020年に新たなオープン...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
村野藤吾と槇文彦、横浜を巡る展覧会『M meets M』でふたりの建築...