キーワードは「美しさ」と「共振力」。2019年のグッドデザイン賞が決定!

キーワードは「美しさ」と「共振力」。2019年のグッドデザイン賞が決定!

文:小川彩 協力:公益財団法人日本デザイン振興会

キーワードは「美しさ」と「共振力」。2019年のグッドデザイン賞が決定!

「今年の応募作品には、美しさだけでなく共振力が備わったものが多かった」と言う審査委員長の柴田文江さん。

10月2日、2019年のグッドデザイン賞が発表された。今年は4772件の応募総数から1420件が受賞。その中から2019年のグッドデザイン賞を象徴する「ベスト100」がさまざまな領域から選ばれている。

今年の審査でテーマとなったのは「美しさと共振力」だ。昨年のテーマである「美しさ」を踏襲しつつ、「共振力」という言葉を加えた柴田文江審査委員長と斎藤精一審査副委員長。共振力とは、デザインがなにか新しいモノやコトをもたらしたり、そのプロジェクトに関わった人々が良好な関係性を築いたり、人や社会などあらゆる方面に波及効果をもたらすデザインの力と言える。

「グッドデザインには、そのような共振力があるはず、という仮定で審査に挑んだ結果、数多くの素晴らしいデザインに出合えました」と柴田さんは振り返った。

キーワードは「美しさ」と「共振力」。2019年のグッドデザイン賞が決定!

自動運転バス「GACHA(ガチャ)」。フィンランド発の全天候型自動運転バス。実証実験を重ね、来年の実用化を目指している。社会に実装させる仕組みだけでなく、車内でコミュニケーションが取れる居心地のよさも高く評価。

キーワードは「美しさ」と「共振力」。2019年のグッドデザイン賞が決定!

「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」。銀座の中心に期間限定で設置している垂直立体公園。さまざまな催しを受け入れられるよう設計した、街に開かれた施設として注目を集めた。

「いいデザインには、必ず共振力が備わっている」という確信をもった柴田さん。今年のベスト100に選ばれたものには、特にパブリックにおけるサービスや取り組みに秀逸なデザインを見出すことができたそう。少子高齢化が進む地域社会でシェアする公共交通機関としての自動運転バス「GACHA」や、行き先施設をスポンサーとした地域デマンド交通システムの「チョイソコ」など、交通弱者へのアプローチにフォーカスしたモビリティデザインがひとつの例だ。

都心のランドマークだったビルの跡地を期間限定の実験的な「変わり続ける公園」とした「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」。老朽化した鉄骨造2階建アパートをリノベーションし、さまざまな生業(なりわい)を展開できるように土間を設け、入居者と地域住民がマルシェを通じて交流する空間を生んだ「欅の音terrace」。どれもパブリックのあり方に一石を投じる印象的なデザインだ。

キーワードは「美しさ」と「共振力」。2019年のグッドデザイン賞が決定!

ナリワイ型賃貸集合住宅「欅の音terrace」。全住戸に店舗やアトリエの機能を持たせる土間をつくった。多様な働き方を建築で後押ししながら、住民同士、住民と地域のコミュニケーションも生み出す。

1 / 2p