圧倒的なパノラマと格調高いバーは必見!「フォーシーズンズホテル東京大手町」。

圧倒的なパノラマと格調高いバーは必見!「フォーシーズンズホテル東京大手町」。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:Pen編集部

39階のロビーラウンジから眺める朝焼け。紫がかった幻想的な世界が広がる。渋谷から新宿、池袋にかけての高層ビル群を一望できる。

東京の一日は長い──。静けさが滲み入る夜明け前から駅は呼吸をするかのように人を吸い込んでは吐き出し、日付が変わってもなおネオンの灯は煌めき続ける。そんな一日の中で刻一刻と表情を変える街を俯瞰し、新しい発見をもたらしてくれるホテルがある。大手町の一丁目に開業した「フォーシーズンズホテル東京大手町」だ。

日本で3番目となるフォーシーズンズホテルは、再開発地区「大手町ワン」の最上層階に位置する。専用エレベーターで39階まで昇り、フロアに足を踏み入れると、そこには心を奪われるほどの壮観な光景が待っている。窓一面に展開される大迫力のパノラマビューは、眼下に緑豊かな皇居外苑が広がり、遮るものがなく、東京の街をありのままに映し出す。新宿の高層ビル群が手に取るようにわかるだけでなく、晴れた日には富士山までも望める。

インテリア・デザインは、LVMHが運営するモルディブの「シュヴァル ブラン ランデリ」やアマンリゾーツを手がけてきたジャン=ミシェル・ギャシーが担当。白、ベージュ、グレーを基調としたカラーややわらかなテクスチャーなど、洗練された上品さをもち合わせながら、大きな窓からは自然光を大胆に取り入れ、開放感のあるつくりに仕上げた。心から寛げる「都会のリゾート」と言えるだろう。客室には、和紙を用いた障子風のドアや、イッセイ ミヤケのテキスタイルにインスピレーションを得た写真家・北浦凡子のアートワークが飾られ、茶方會(さぼえ)がセレクトした日本茶も用意されるなど、日本のおもてなしの美学も忘れない。

各階の南西向きのコーナーを利用した、100㎡の「パノラマスイート」の客室。2面採光の大きな窓からは、内堀通りの先に続く東京タワー、皇居外苑や新宿方面まで幅広く見渡せる。

日差しに照らされて表情を変えていく東京の街を、ベッドの上から眺められる贅沢な空間だ。夜になると丸の内や六本木の夜景が煌びやかに灯る。

ミシュランの星付きシェフが現代フレンチを提供する「エスト」。レストランやスパ、レセプションなどのパブリックスペースは39階に集約されている。天井が高く開放的な空間を活かした優雅な設えが特徴だ。

1 / 2p
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...