この街を支えてきた、星付きのシェフがつくる居心地のよい...

文:林 菜穂子(baCe Inc.) 写真:Fumihiko Sugino アートワーク:Shun Sudo

text by Nahoko Hayashi(baCe, Inc.) photographs by Fumihiko Sugino artwork by Shun Sudo

この街を支えてきた、星付きのシェフがつくる居心地のよいレストラン

A comfortable restaurant by a chef, now Michelin-starred, who supported this town

今年2月、自身2店舗目となる「ジェネラル・デブス」を開いたオーナーシェフのケビン・エイディさん。以前ここには人気のカフェがあったので、その頃の雰囲気を残しつつ、現在は四川料理を出しています。Kevin Adey, the chef and owner of General Deb’s, his second restaurant, which he opened this February. This place used to be a popular café, so while retaining that atmosphere, it serves

2000年代半ば。ブッシュウィックを変えるきっかけをつくったのは、この街に新しい住人としてやって来たたくさんのアーティストたちでした。彼らがここに来た理由のひとつに、マンハッタンの家賃の急騰がありました。作品制作のためのスタジオはおろか、良心的な価格のアパートを確保することさえ難しくなっていたのです。

In the mid 2000s, Bushwick’s opportunity for change was created by the many artists who came to this part of town to live. One of the reasons they came here was the sharp rise of rent in Manhattan. It was becoming difficult to find an apartment at a reasonable price, much less a studio where they could do their creative work. 

「ブッシュウィックは他のエリアとはまったく違うんだ。ほら、見てよ、あの目の前の大きな倉庫!あんな建物がまだここにはゴロゴロしてる。だから、自分の店を開くために物件を探したときだって、ブッシュウィック以外は見もしなかったよ。ここは家賃がまだ安く収まっているしね」

“Bushwick is completely different from other areas. See that large warehouse in front of you? Buildings like that are still all over the place here. That’s why, when I was looking for property to open my restaurant, I didn’t look anywhere but Bushwick. And the rent is still inexpensive here.” 

ケビン・エイディさんは、4年前までこの街の小さなレストラン「ノースイースト・キングダム」で腕を振るっていました。残念ながら2015年に閉店してしまったその店は、まだ廃墟や人気のない倉庫、工場ばかりが目立っていたあの頃にあって、選りすぐりのワインと極上のハンバーガー、肉厚のポークチョップなどを出していたとても貴重な場所でした。

Until four years ago, Kevin Adey displayed his talent at a small restaurant in this part of town called Northeast Kingdom. This establishment, which unfortunately closed in 2015, was a precious place serving select wines, heavenly hamburgers, thick porkchops and more, at a time when the area was still mainly ruined or deserted warehouses and factories.

「確かにあのレストランはこの街のランドマークのような存在だったよね。あの頃、ブッシュウィックのロフトの賃貸広告によく『ノースイースト・キングダムからたった2ブロック!』なんていうセールスの文句が書いてあったの、おぼえてる?」
近所のスーパーマーケットの袋を下げ、頭にキャップと大きなヘッドホンを載せた姿で現れたケビンさんはそう言いながら笑っています。ここは、彼が今晩仕事をするという「ジェネラル・デブス」。ピリ辛のジャージャー麺とつるっと滑らかな皮が自慢のワンタンがおすすめの四川料理店です。

“That restaurant was certainly a landmark presence in this town. Around that time, ads for loft rentals in Bushwick often contained copy like, ‘just two blocks from Northeast Kingdom.’ Do you remember that?” Kevin, who appeared carrying a plastic bag from a neighborhood supermarket and wearing a cap and large headphones on his head, laughed while saying this. We were at General Deb’s, where he was planning to work tonight. This restaurant serves Sichuan food. Recommended dishes are the hot and spicy dan dan mian noodles and silky smooth wontons.

ニューヨーク近代美術館の倉庫だった広々としたスペースを改装して、2015年にオープンしたケビンさんの最初の店、「ファロ」の店内。The interior of Faro, the first restaurant that Kevin opened in 2015 by renovating an expansive space that used to be a MoMA warehouse.

「僕は麺が大好きでね。この店は、パスタはどこから来ましたかってことから始まったんだ。それはシルクロードを通って中国から来ました、と。実は僕、学生時代は歴史の勉強をしていたんだよ」

そこから歩いて1ブロックのところに、彼がノースイースト・キングダムを辞めた翌年、初めての自身の店としてオープンさせたレストラン「ファロ」があります。

「フォロをつくるとき最も大切にしたのは、お客さんが気持ちよく食事ができる店にすることだった。マンハッタンの狭い店では隣の席の会話が簡単に聞こえちゃうでしょ。都会はただでさえストレスが多いのに、食事のときまでストレスを抱えるなんて最悪だからね」

“I love noodles. This restaurant started from, ‘Where did pasta come from? It came China over the Silk Road.’ The truth is, I used to study history in college.” Kevin’s first restaurant, Faro, which he opened the year after leaving Northeast Kingdom, is just one block away. “What I placed most importance in when I created Faro was to make it a restaurant where the customers can eat in comfort. In cramped establishments in Manhattan, you can easily hear the conversation at the next table, right? Since city life is stressful as it is, it’s terrible if you have to get stressed even when you’re eating.” 

今夜も満席のファロ。奥のオープンキッチン前にあるカウンターでは、金曜と土曜の午後8時から10品のテイスティングメニューも楽しめます(要予約)。Faro is packed again tonight. At the counter in front of the open kitchen at the back of the restaurant, you can enjoy a 10-course tasting menu from 8 p.m. on Fridays and Saturdays (reservations required).

手頃な家賃と広いスペースを求めたのはアーティストたちだけではなかったのです。

かつてニューヨーク近代美術館の倉庫だった広々としたスペースを改装したファロ。母方がイタリア系だというケビンさんは、そこで手づくりパスタを中心に旬の素材をふんだんに使う料理を提供しています。そして、今夜もゆっくりとディナーを楽しむお客さんたちで満席です。

It wasn’t just artists who were seeking large spaces at affordable rents. A spacious former warehouse of MoMA was renovated for Faro. Kevin, who is Italian on his mother’s side, serves dishes using lots of seasonal ingredients, centering on handmade pasta. And Faro was packed again tonight with customers leisurely enjoying their dinner.

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。