北極圏からスウェーデンの奇祭まで。海外旅行へ行った気分になれる映画5選。

北極圏からスウェーデンの奇祭まで。海外旅行へ行った気分になれる映画5選。

文:細谷美香

『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)』はオーストリア・ウィーンの街並みを1日かけて散歩をするという、旅行気分を味わうにはうってつけの作品。(c)Everett Collection/amanaimages

大きなライフスタイルの変化が起こった2020年。ライブ配信など家で楽しめるエンタメが充実しつつある一方、依然として海外渡航はしにくい状況が続いており、旅行好きにとっては少し物足りない日々が続いているかもしれない。

気軽にまた海外へ遊びに行ける日はまだ先になりそうだが、せめて気持ちだけでもということで、「海外旅行へ行った気分になれる映画」を5作品紹介。すべて配信サービスで観られる作品をチョイスしているので、年末年始にぜひ家で楽しんでみてほしい。


1.北極圏のワイルドな大自然を味わえる。『LIFE!』
2.ウィーンの街並みを散歩しながら体験。『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)』
3.サンタバーバラでワイナリーめぐりを。『サイドウェイ』
4. スウェーデンの不思議な村でお祭り気分! 『ミッドサマー』
5.ガウディの建築物を名女優たちの恋模様と共に。『それでも恋するバルセロナ』

1 / 6p
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」に共鳴する、三つ星シェフ岸田周三のあくなき挑戦。
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」に共鳴する、三つ星シェフ岸田周三のあくなき挑戦。