伝説の名器21挺が六本木に集結、『ストラディヴァリウス300年目のキセ...

伝説の名器21挺が六本木に集結、『ストラディヴァリウス300年目のキセキ』展という奇跡。

文:Pen編集部

伝説の名器21挺が六本木に集結、『ストラディヴァリウス300年目のキセキ』展という奇跡。

ストラディヴァリウスの工房で製作された20挺のヴァイオリンと1本のギターを展示。この規模の展覧会は、アジアでは初めてです。

数億円を超える価格や、演奏家を選ぶという伝説まで、その逸話だけでも枚挙にいとまがないヴァイオリン「ストラディヴァリウス」。300年もの歳月にわたり、聴衆に感動を与え続けてきたこの名器が一堂に会する『ストラディヴァリウス 300年のキセキ』が、2018年10月9日から10月15日まで、森アーツセンターギャラリーにて開催されます。

21挺ものストラディヴァリウスが揃うのは、アジアでは初の試み。展覧会は、工房の創設者アントニオ・ストラディヴァリの生涯とその系譜を紹介する展示からはじまります。至高の音を生むとされるストラディヴァリウスのかたちがどのように作られ、変遷を遂げていったのかを一望できるインスタレーションも登場。

展示される21挺の来歴や、歴代の持ち主を知ることができる展示も見どころです。会期中、出品されているストラディヴァリウスを用いた演奏会も毎日開催。伝説を生み続ける楽器を、目と耳で確かめられる趣向となっているのです。

300年の時を超え、私たちを感動させ続けるストラディヴァリウス。その美しく鮮烈な音色とかたちを、ぜひ確かめてください。

伝説の名器21挺が六本木に集結、『ストラディヴァリウス300年目のキセキ』展という奇跡。

日替わりの内容で開催される会場内でのコンサート。ストラディヴァリウスの音色を間近で聴ける、またとない機会です。詳細は公式サイトにて。

伝説の名器21挺が六本木に集結、『ストラディヴァリウス300年目のキセキ』展という奇跡。

会場内には、現職のヴァイオリン職人であるフランチェスコ・トトも滞在。来場者の目の前で、ヴァイオリンづくりを実演します。

『ストラディヴァリウス300年目のキセキ』
開催期間:2018年10月9日(火)〜10月15日(月)
開催場所:森アーツセンターギャラリー
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F
TEL:03-6406-6652
開館時間:
10月  9日(火)15時~22時
10月10日(水)10時~17時30分
10月11日(木)12時~22時
10月12日(金)10時~17時30分
10月13日(土)10時~22時
10月14日(日)10時~22時
10月15日(月)10時~17時30分
会期中無休
入場料:一般¥2,300(税込)
https://macg.roppongihills.com/jp

伝説の名器21挺が六本木に集結、『ストラディヴァリウス300年目のキセ...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。