レコードブームに火を着けた「レコードストアデイ」が今年も開催、アンバサ...

レコードブームに火を着けた「レコードストアデイ」が今年も開催、アンバサダーの高橋幸宏さんに“アナログ”の楽しみを聞きました。

文:天野透

レコードブームに火を着けた「レコードストアデイ」が今年も開催、アンバサダーの高橋幸宏さんに“アナログ”の楽しみを聞きました。

若者世代へのアピールを担うミューズの水原佑果さん(左)と、アンバサダーに就任した高橋幸宏さん(右)。

手のひらに収まる小さなスマホを指先ひとつで操り、数百万の楽曲を気の赴くままに流す……。30年ほど前から見れば魔法のような音楽の聴き方が、いまでは当たり前になっています。ところがそんな現代において、ネット配信音楽も含めた日本レコード協会加盟レーベルの年間売上の5%をアナログレコードが、しかもたった2日で叩き出していることをご存じでしょうか。

その2日のうちの1日は、11月3日に設定された「レコードの日」。もう1日が、毎年4月の第3土曜日に世界同時開催される「レコードストアデイ」です。これはレコード好きの若者が、リアル店舗を盛り上げるべく興したイベント。2008年4月にサンフランシスコでスタートし、いまでは23カ国で1万4000店の店舗が参加します。当日はネット販売が制限されたイベント限定盤を求めて、世界中のレコードショップで行列ができるほどの盛り上がりを見せています。昨年はレッド・ツェッペリン「ロックンロール」のシングル盤が、アナログだけのイベント限定盤にも関わらず英国チャートで1位になったというから驚きです。

日本では、アナログプレスを守り抜いている東洋化成が2年前から旗振り役に。今年は4月第2土曜日の開催で、およそ300弱の加盟店が89タイトルの日本限定盤リリースをはじめ、ライブやトークショー、パーティといったイベントを繰り広げます。

そんな2019年のレコードストアデイの“アンバサダー”に高橋幸宏さんが、若者向けのアピールを担う“ミューズ”にモデル/DJの水原佑果さんがそれぞれ就任。50年にわたる音楽シーンの第一線で活躍を続ける高橋さんに、アナログレコードに対する熱い思いを伺いました。

レコードブームに火を着けた「レコードストアデイ」が今年も開催、アンバサダーの高橋幸宏さんに“アナログ”の楽しみを聞きました。

2019年2月28日には南青山のカフェ「B.G.M.」で、アンバサダー/ミューズ就任イベントを実施。東洋化成の本根誠氏がプレゼンターとなり、トークショーが催されました。

レコードブームに火を着けた「レコードストアデイ」が今年も開催、アンバサダーの高橋幸宏さんに“アナログ”の楽しみを聞きました。

就任イベントでは8cm盤レコードという珍しいミニプレイヤーも展示。MMカートリッジなどが付属し、レコードストアデイ当日から¥9,504(税込)で発売されます。

1 / 2p