スタッフと役者の熱量がフツウじゃない!『劇場版おっさん...
文:細谷美香

Profile : 映画ライター。コメディや青春映画から日々の生きるエネルギーをもらっている。クセが強くて愛嬌がある俳優に惹かれる傾向あり。偏愛する俳優はニコラス・ケイジです。

スタッフと役者の熱量がフツウじゃない!『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は盛りに盛った大満足の2時間です。

ドラマから引き続き演出を務めているのは、瑠東東一郎監督。©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

単発ドラマから連続ドラマになり、社会現象ともいうべきブームとなった『おっさんずラブ』。田中圭、林遣都、吉田鋼太郎ら実力派の役者陣もあらためて大ブレイクし、本気でぶつかりあった彼らの放つエネルギーが熱狂的ファンを生み出しました。そしてこの夏『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』という物騒なタイトルでついにスクリーンに進出! 実家暮らしのポンコツな不動産会社勤務のサラリーマン、春田が上司の黒澤部長と後輩の牧から思いを寄せられたことで動き出したドラマ版のストーリーは、春田から牧へのプロポーズで幕を閉じました。劇場版は春田が上海、香港転勤から帰国したところからスタート。天空不動産の本社に異動して大きなプロジェクトの一員となった牧と、営業所にいる春田の仲はぎくしゃくすることになります。

天空不動産の新入社員の山田正義(ジャスティス)と本社のプロジェクトリーダーの狸穴も巻き込んだ五角関係あり、香港での謎のアクションあり、もちろん黒澤部長の元妻、蝶子と、営業部員のマロとの恋など、おなじみのメンバーのその後の展開もあり……、とにかく盛りに盛った大満足の約2時間! 部長が春田の存在だけを忘れるという特殊な記憶喪失になってしまったことで、恋に落ちる過程をまた見られるのもうれしいポイント。記憶喪失というベタな設定を恐れず活かそうと決めた製作陣に、お中元を送りつけたいくらいです。鈍感だけど嘘がなくて誰に対しても分け隔てなくて心根がやさしい春田のキャラクターは、やっぱり存在が罪な愛すべきポンコツで、素直になれない牧とのすれ違いにやきもきさせられました。

そんなふたりのケンカシーンはしみじみ切ないのですが、涙が出るほど大爆笑してしまったのは5人が勢揃いするサウナシーン。ドラマ版の「春田さんの悪いところ10個言えますかっ!?」を思い起こさせるセリフなどを入れつつ、裸の5人の本音が弾けに弾け、これ、よくスタッフ陣は声を出して笑わずに撮影できたね!? と尊敬の念を抱いてしまったほどです。ちなみに友人は「サウナの名シーンという意味ではあの『イースタン・プロミス』を超えた!」と感想を述べていました。これが見たいんでしょ? と媚びるのではなく、スタッフと役者陣がものすごい熱量で誠心誠意つくったもの、演じたものが最高のファンサービスになるという奇跡! 需要と供給の天才的なバランスがとれているこの劇場版、もちろん真ん中にはしっかりと“人を好きになること”の尊さが描かれています。

前代未聞の大事件に巻き込まれる、迫力たっぷりの爆発シーンも。©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

左は山田ジャスティス役で今回初出演の志尊淳。ドラマのエンディングで永遠を誓った春田と牧の愛の行方は!? ©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会


『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』

監督/瑠東東一郎
出演/田中 圭、吉田鋼太郎、林 遣都ほか
2019年 日本映画 1時間54分 
8月23日より全国の映画館にて公開。
https://ossanslove-the-movie.com

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。