現代のシティポップを担う、煌めく才能たち。Vol.3

現代のシティポップを担う、煌めく才能たち。Vol.3

文:松永尚久

【前回を読む】現代のシティポップを担う、煌めく才能たち。Vol.2


LUCKY TAPES ──アーバンな佇まいで、洒脱な音楽を描く3人衆。

ラッキーテープス●メンバーは、高橋海(Vo&Key)、田口恵人(Ba)、高橋健介(G)。2018年にEP『22』でメジャーデビュー。最新アルバム『Blend』ではヒップホップなども取り入れ、バンドの新たな表情を奏でる。

ディスコやファンク、ソウルなどのブラック・ミュージックのエッセンスと、日本人が培ってきた少し切なさを感じさせるメロディーセンスとをかけ合わせ、洒脱な音楽を奏でる3人組バンド。そのアーバンな佇まいから、現代のシティポップの潮流を担う。

フロントマンを務める高橋海は、トラックメイカーやプロデューサーとしても活躍。向井太一など、数多くのシンガー・ソングライターに楽曲提供も行っている。

『Blend』LUCKY TAPES VICL-65430 ビクターエンタテインメント ¥2,970

イリ●神奈川県逗子市在住。2016年にアルバム『Groove it』でデビューし、これまでに4枚のアルバムをリリースしている。今年3月には新曲4曲に加え、リミックスも収録したEP『はじまりの日』をリリース。初回限定盤はライブDVD付き。

CMソングに起用された「Only One」や「Wonderland」などで注目される、スモーキーでソウルフルな低音ボイスをもつシンガー・ソングライター。アルバイト先の老舗ジャズバーで弾き語りのライブをし、音楽活動をスタートさせた。

日本の音楽シーンの先端を行くクリエイターとタッグを組んで制作される楽曲は、ヒップホップ的リリックやクラブミュージックのサウンドを取り入れ、移ろう現代の都市の風景をクールに表現する。

『はじまりの日』iri VICL-65491 ビクターエンタテインメント ¥1,650

【関連記事】 綿矢りさ、オカモトコウキ、光石研らが選ぶ、私の好きな大滝楽曲ベスト3


TENDRE ──マルチプレイヤーの河原が贈る、ソフトで都会的なサウンド

テンダー●1988年、神奈川県生まれ。2017年12月にデビューEP『Red Focus』をリリース。19年はフジロックフェスティバルをはじめ多数のフェスに出演し話題に。20年にアルバム『LIFE LESS LONELY』をリリース。

Charaや堀込泰行などへの曲提供やシラップなど若手のプロデュースも行う河原太朗のソロ・プロジェクト。ベース、ギター、サックス、鍵盤などを演奏するマルチプレイヤーで、楽曲ではそのテクニックを駆使してソウルフルで官能的なグルーヴを紡ぎ上げる。

テンダー(TENDRE=やわらかい)という名の通り、ソフトで都会的なサウンドが耳に心地よい大人のためのポップミュージックだ。

『LIFE LESS LONELY』TENDER DDCR-7113 RALLYE LABEL / SPACE SHOWER MUSIC ¥2,750

【関連記事】 横山剣、かせきさいだぁ、大和田俊之らが選ぶ、私の好きな大滝楽曲ベスト3


FIVE NEW OLD ──国境やジャンルを超えた、軽やかなポップネス

ファイブ・ニュー・オールド●メンバーは、HIROSHI(Vo&G)、SHUN(B)、HAYATO(Dr)、WATARU(G&Key)の4名。2010年に結成。今年4月7日にはアルバム『MUSIC WARDROBE』を発売し、同月から全国ツアーがスタートする予定。

「日常にアロマオイルのような彩りを」というコンセプトのもと活動をしている4人組バンド。流暢な英語を織り交ぜ、ブラック・ミュージックからロックまでをミックスさせたサウンドは、国境やジャンルを軽やかに飛び越えている。

特にソウルフルな楽曲で繰り広げるセッションは、シティポップの放つ甘い香りを凝縮させたような、悦楽と興奮がある。最新作においては、その香りをよりドラマティックかつポップに表現している。

『MUSIC WARDROBE』FIVE NEW OLD WPCL-13280 ワーナーミュージック・ジャパン ¥3,300

現代のシティポップを担う、煌めく才能たち。Vol.3
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...
Feature Product 【Time-Limited Talks Vol.1】池内博之(俳優)×⼟井地 博(ビーアット代表取締役)が語る、ハ...