中村獅童主演『オフシアター歌舞伎 女殺油地獄』は、江戸時代の「ボヘミア...

中村獅童主演『オフシアター歌舞伎 女殺油地獄』は、江戸時代の「ボヘミアン・ラプソディ」か……? 歌舞伎町であなたは“事件”を目撃する。

写真・文:Pen編集部

中村獅童主演『オフシアター歌舞伎 女殺油地獄』は、江戸時代の「ボヘミアン・ラプソディ」か……? 歌舞伎町であなたは“事件”を目撃する。

「劇場ではない環境で歌舞伎をやってみたい」という、中村獅童の長年の夢が実現した舞台です。

“眠らない街”と呼ばれる日本でも有数の歓楽街、新宿・歌舞伎町。1945年の東京大空襲で焼け野原になった新宿に歌舞伎の演舞場を誘致し、それを中心に街の復興を計画したことが名前の由来となっていますが、結局歌舞伎を上演する劇場の計画は頓挫。以降、歌舞伎町で本格的に歌舞伎が演じられたことはありませんでしたが、5月22日から一週間、歌舞伎町内のライブ・イベントホール「新宿FACE」にて、中村獅童主演の『オフシアター歌舞伎 女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)』が上演されます。

中村獅童はこれまでにニコニコ超会議での『超歌舞伎』、絵本をもとにした新作歌舞伎『あらしのよるに』の上演など、新しい歌舞伎の表現に取り組んできた第一人者。彼がニューヨークでミュージカルを観た際、「海外では倉庫など劇場以外のさまざまな場所での演劇(=オフシアター)がある」と気づき、劇場以外の場所で歌舞伎を上演するのが長年の夢だったといいます。そんな獅童の思いが、5月11日から寺田倉庫で行われた初演の舞台で見事に花開きました。5月22日からは会場を変え、歌舞伎町での公演がはじまります。

会場に入ると、中央で一段高くなった正方形の舞台の四方をパイプ椅子が囲んでいます。白い幕の降りた舞台上には油が流れているようなサイケデリックな映像が映し出され、それが徐々にかたちを変え、現代の歌舞伎町と思わしき繁華街の情景、トランプ大統領の演説、殺人事件の新聞記事などが次々に切り替わり、観客の心を舞台に引き寄せます。

中村獅童主演『オフシアター歌舞伎 女殺油地獄』は、江戸時代の「ボヘミアン・ラプソディ」か……? 歌舞伎町であなたは“事件”を目撃する。

寺田倉庫で行われた初演の記者会見に出席した主要な役者陣。右から赤堀雅秋(脚本・演出も担当)、中村獅童、荒川良々、中村壱太郎。

1 / 2p