新しい茶道文化の入り口となる、奈良の「茶論」へ美意識を磨きに出かけませんか?

新しい茶道文化の入り口となる、奈良の「茶論」へ美意識を磨きに出かけませんか?

写真:福森クニヒロ 文:小長谷奈都子

奈良・元林院の「遊 中川」本店の奥にオープンした「茶論」。写真は日本庭園を望む和室の喫茶スペースで、襖絵は江戸時代末期の画家で鹿の名手として名高い内藤其淵の手によるもの。

「茶道」に対して、どんなイメージをもっていますか? 敷居が高い、厳格な稽古、長時間の正座……。そういった固定概念を軽やかに覆し、新しい茶道文化の入り口となる場が、奈良に誕生しました。その名は「茶論(さろん)」。中川政七商店のグループ会社である道艸舎が手がける新ブランドです。そもそも中川政七商店...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
新しい茶道文化の入り口となる、奈良の「茶論」へ美意識を磨きに出かけませんか?
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。