京都の職人たちの‟未来志向のものづくり”に出合える、『KOUGEI N...

京都の職人たちの‟未来志向のものづくり”に出合える、『KOUGEI NOW 2018 Kyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”』展に行ってみよう。

文:脇本暁子

沖縄の読谷山焼の山田真萬に師事し、伝統技法を学んだ陶芸家の長谷川哲也が、2017年に愛知県春日井市で立ち上げた器ブランド「SHIROUMA」。

京都五条にあるホテルカンラ京都で、「旅と工芸」をテーマにした展示会『KOUGEI NOW 2018 Kyoto Crafts Exhibition“DIALOGUE”』が2018年3月17、18日に開催されます。京都の若手職人を中心とした全国のクリエイター66組が勢揃いする本展では、新たな感性...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
京都の職人たちの‟未来志向のものづくり”に出合える、『KOUGEI N...