カルト的人気を誇るホドロフスキーが、現実とファンタジーを融合して描く青...

カルト的人気を誇るホドロフスキーが、現実とファンタジーを融合して描く青春物語『エンドレス・ポエトリー』

文:細谷美香

主人公のアレハンドロを演じるのは監督の末息子、アダン・ホドロフスキー。
©2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE

カルト的映画監督という呼び名がよく似合う、チリが生んだ鬼才、アレハンドロ・ホドロフスキー。70年代に発表した『エル・トポ』は、多くのアーティストたちに影響を与え続け、未完のSFシリーズについての顛末を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』や、軍事政権下での子供時代を描いた23年ぶり...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
カルト的人気を誇るホドロフスキーが、現実とファンタジーを融合して描く青...