絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

写真:長尾真志 文:岩崎香央理

絵本には、大人になった今だからこそ楽しめる世界があります。また一冊の絵本との出合いが、ときに一生の宝物になることも。独自の切り口で絵本を揃える人気書店で、店主のお薦め本とセレクトのこだわりを取材しました。


<東京・中目黒>童心に返る、古書との触れ合いを演出。

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

美術書や写真集を含め約3000冊をストックし、うち三分の一が絵本と児童書。やわらかな光と、木の温もりや紙の香りが長居を誘います。2階にギャラリーも構えています。

中目黒駅前の商店街が住宅地の風景へと変わる道すがら、ふと寄り道したくなる古書店があります。名前は「デッサン」。店主の大和田悠樹さんは「古い絵本の佇まいが好き」と語ります。「忘れてしまったなにかを思い出させてくれるのが絵本のいいところ。絵をデッサンから始めるように、大人になってなにかを体験し直すきっかけとして“大人の絵本屋”をやりたかったんです」。散歩途中の親子連れや、美術書を探すデザイナー、洋書の絵本を求め外国人が来たりと、客層は幅広い。「同じ絵本でも版によって紙質や訳者が違ったり、雰囲気が異なるのが面白い」と大和田さん。古書ならではの味わい深い一冊が探せます。

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

窓際の棚には、昔の翻訳絵本や絶版となったシリーズものが並び、新刊書店にはない“お宝”を発掘できます。

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

アメリカのグラフィック・デザイナー、アン&ポール・ランドが手がけた幼児向けビジュアルブックの初版本など、貴重な古書も並びます。

店主のお薦め絵本

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

『魔法のことば』柚木沙弥郎 絵 金関寿夫 訳 福音館書店 2000年

イヌイットに伝わる詩に、染色家の柚木沙弥郎さんが力強い絵を添えた本です。人も動物もみな同じ言葉をもっていた世界では、人は動物にもなり、動物が人にもなれた。不思議な詩ですが、おおらかな絵がプリミティブな言葉の力を感じさせます。

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

店主の大和田悠樹さん。

絵本好きなら一度は行きたい、東京の書店。

デッサン
東京都目黒区上目黒2-11-1 
TEL:03-3710-2310 
営業時間:12時~20時 
定休日:火 
https://dessinweb.jp

1 / 2p