完璧なまでに磨き上げられた、 腹筋女子の美ボディ

完璧なまでに磨き上げられた、 腹筋女子の美ボディ

撮影:森山将人(mili) 文:佐野慎悟

vol.02
佐藤マクニッシュ怜子
モデル/実業家

編集部からの「少しお酒を飲んだ後の帰り道に、いたずらっぽく駄々をこねる感じでお願いします」という要求に対し、この完璧な表情。夜風に乱れたロングヘアーもまた、男心をくすぐります。

いまSNSで話題を集める、麗しきインフルエンサー、「バズ美女」を紹介するスペシャル連載。第2回目に登場するのは、真っ赤なドレスに身を包んだ佐藤マクニッシュ怜子さん。深夜のデートをイメージした撮影では、22歳とは思えないグラマラスな大人の色香を披露してくれました。10歳の頃から高校時代までをカナダで過ごし、現在は日本の大学に通う佐藤さん。インスタグラムに投稿された写真を見てみると、彼女の送るライフスタイルはさながらハリウッドセレブ。フィットネス関連の投稿では、見事な腹筋とともに肌の露出も多く、さぞ男性フォロワーが群がっていることだろう、と思いきや、実は8割が女性フォロワー。同性も憧れる、完全無欠のプロポーションをご覧ください。Pen 2月15日号「バズる美女。」特集にも登場しているので、そちらもお見逃しなく!

真っ赤なロングドレスを着こなす佐藤さん。肩を大胆に露出したデザインと、太ももまで深く入ったスリットが、女性らしい魅力を強調しています。黒や赤ではなく、白のシューズが若々しくてチャーミング!

キラキラと輝く東京の夜景と、佐藤さんの好奇心にあふれた大きな瞳。そして真っ赤なドレスと、真っ赤なリップ。ほかにはもう、なにも望みません! 「いま、世界の中心はここにある」。そう確信する瞬間です。

行き交う車を肩越しに眺める姿は、まるで映画のワンシーン。ドレスのスリットから覗くしなやかな脚は、主人公も、悪役も、脇役でさえも瞬時に魅了して、ストーリーにスパイスを与えてくれるはずです。

Q1
好きな男性のタイプは?
A
無人島でも生きていけそうな人
Q2
好きな男性のファッションは?
A
カジュアル、シンプル、スポーティー
Q3
よく行くお店は?
A
アースカフェ、スターバックス コーヒー
Q4
好きな食べ物は?
A
お寿司、肉、ポテト
Q5
趣味は?
A
料理
Q6
好きな休日の過ごし方は?
A
お家や近所でゆっくりしたり、ジムに行ったり、自炊したり
Q7
好きな音楽は?
A
ヒップホップ、アコースティックギター系の音楽、テンション高く踊りたい時と、落ち着いてゆったりしたい時で分けてます。
Q8
特技は?
A
料理
Q9
好きな本は?
A
『GIRLBOSS』。女性のサクセスストーリーを読むのが好きで、がんばりたい時によく読んでモチベーションを上げています。
Q10
好きな映画は?
A
いっぱいあるけど最近見たのだと『her』という映画!
Q11
身長は何cm?
A
167cmです。
Q12
好きなお酒は?
A
ワイン。カナダの実家がワイナリー地域にあり飲む機会も多いです。健康のために、糖質の多いカクテルやビールは飲まないんです。
Q13
自分は犬系女子? 猫系女子?
A
犬。
Q14
インスタグラムで反響が大きかった投稿は?
A
なぜか水着とかより、腹筋の割れた写真を載せるほうが反響がきます。あとは彼との日常の写真もかな。
Q15
自撮りする時に気をつけていることは?
A
プロフィール画面全体の色合いやデザインを大事にしてるので、角度とか、服と周りの環境の色合いを気にしています!
Q16
あなたにとってインスタグラムとは?
A
インスピレーションとアイデアをくれる場。逆に自分の世界観をデザインして、インスピレーションとして発信できる場。
完璧なまでに磨き上げられた、 腹筋女子の美ボディ

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。