写真・文:中島佑介

定期的に海外のひとつの出版社に焦点を当て、その出版社の本だけを取り扱うショップ「POST」のスタッフが、いま気になる一冊をピックアップ。今回、中島佑介さんが紹介してくれるのは、出版業と書店を並行して営み、「世界一のアートブックショップ」と称されるヴァルター・ケーニッヒ社から出版されたアートブック。一流のアーティストたちから信頼される出版社としての姿勢や、魅力的な書店の運営の仕方とは?

Vol.19 世界一の書店とアーティストが紡ぐ、重厚で荘厳な美術書。

Atlas, in Four Volumes / GERHARD RICHTER / Walther König
アトラス / ゲルハルト・リヒター / ヴァルター・ケーニッヒ

「世界一のアートブックショップ」と多くの人が評価する書店が、ドイツのケルンにあるBuchhandlung Walther Königです。1969年にWalther König(ヴァルター・ケーニッヒ)氏が創業、ヨーロッパでアートに携わる人であれば誰もが知っている書店で、ヨーロッパに買い付けに行き始めた頃、「買い付けで行くのにお薦めは?」と尋ねると、誰もが必ず名前を挙げるのがこの書店でした。店頭に並ぶ書籍群は現代美術の歴史に欠かせない作家から今日の最先端シーンに至るまでを網羅し、店内も凛とした雰囲気で、心地よい緊張感のある空間です。