ついにカジノが解禁、ゴージャスな一夜を。
PARIS パリ

ついにカジノが解禁、ゴージャスな一夜を。

文:髙田昌枝

8つのゲームルームはそれぞれテーマが異なるシックな内装。

対ディーラーのテーブル。服装は自由だがタンクトップ、ショートパンツは禁止。

これまで、パリの周辺100㎞圏外の海や温泉のリゾート地でしかカジノがオープンできなかったフランス。先頃、法の一部が改正され、パリ市内でのカジノが許可された。とはいえ、ルーレットやスロットといった偶然性の高いゲームは禁止、主役はカードゲームだ。
なかでもシャンゼリゼに誕生したクラブ・バリエールは、元フランス飛行クラブがあった由緒あるアドレス。ディーラーを囲んでプントバンコ(バカラ)やウルティメイトなどを行う4部屋と、参加者同士が競う4部屋がありいずれもシックで贅沢なインテリアだ。人気パティシエ、クリストフ・アダンのレストランやヘネシーのバーもあり、ゲームに参加せずとも、カジノの雰囲気が楽しめる。

Le Club Barrière

104, avenue des Champs-Elysées, 75008 Paris 
最寄り駅:GEORGE V 
TEL:01-88-47-77-77
営業時間:14時~早朝6時 無休 
料金:一般15ユーロ ※18歳未満入場不可、要身分証明書 
https://www.casinosbarriere.com/fr/le-club-barriere-paris.html

ついにカジノが解禁、ゴージャスな一夜を。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。