20年ぶりの総合書店開店に、パリっ子大喜び。
PARIS パリ

20年ぶりの総合書店開店に、パリっ子大喜び。

文:髙田昌枝

腰を落ち着けて「立ち読み」できるコーナーが店内の随所にある。Photograph by Jean-Baptiste Thiriet

店はパリでいま開発が進むエリア、グラン・ブールヴァール地区にある。Photograph by Jean-Baptiste Thiriet

愛書家のこだわりに応える個人書店が、パリの中心地にオープンした。店名は「リブレリ・イシ」。出版社と書店業界で経験を積んだふたりの女性がタッグを組み、9人のスタッフが情熱を傾ける。こうした総合書店の開店は約20年ぶりだけに、歓迎の声が大きい。 
2フロア計500㎡に4万冊を揃えつつ、コンセプトは「自分の家のように寛げる空間」。1階にはパリで人気のカフェ「クチューム」もあり、コーヒー片手に読書もOK。地下に討論会や子ども読書会を行うイベントスペースがある他、座って本が読めるコーナーがあちこちに。書店が減るいま、実際に本を手に取ってじっくり選べる店は貴重。遠方から訪れる人も多く快調な滑り出しを見せている。

Librairie Ici

25, boulevard Poissonnière75002 Paris
最寄り駅:GRANDS BOULEVARDS
TEL:01-85-01-67-30
営業時間:10時~20時 
休業日:日
www.icigrandsboulevards.fr

20年ぶりの総合書店開店に、パリっ子大喜び。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。