『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が描く、分断される世界に...

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が描く、分断される世界に差す一筋の光。

文:此花わか(映画ライター)

アカデミー賞作品賞に輝いた『ムーンライト』を製作したA24とプランB が手がけた。主人公を演じたジミー・フェイルズと監督のジョー・タルボットによる短編がサンダンス映画祭などで高い評価を得たことで、長編デビューにつながった。 ©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】サンフランシスコで生まれ育ったアフリカ系のジミーは、子どもの頃に家族と仲良く暮らしたヴィクトリア朝様式の家が忘れられない。さまざまな肌の色の人々が訪れていたその家は、いまでは裕福な白人の老夫婦のものになってしまった。ところがある日、その家が空き家になり、ジ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』が描く、分断される世界に...
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。
Feature Culture アーティスト・村松亮太郎が語る、新しい生活様式がもたらしたクリエイションと社会の関連性とは。