新型コロナウイルス集団感染が発生した韓国で、緊急出版された市民の体験記。

新型コロナウイルス集団感染が発生した韓国で、緊急出版された市民の体験記。

文:今泉愛子

『新型コロナウイルスを乗り越えた、韓国・大邱市民たちの記録』 申重鉉 編 CUON編集部 訳クオン ¥1,650(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

韓国第3の都市、大邱(テグ)で今年2月、新型コロナウイルスのクラスターが発生。感染は瞬く間に広がった。本書はこの危機を経験した市民51人の体験記をまとめたもので、韓国で4月20日に刊行。邦訳がPDF版で5月4日に緊急出版された。医療従事者にコーヒーを届けるカフェ店主やオンラインに切り替えた読書サークルなど、ひと足先に沈静化した韓国でのそれぞれの取り組みが見えてくる。



コロナ禍の経験をどう活かすか、イタリア人作家が綴るエッセイ

20の伝染病の感染経路を、地図化してわかりやすく解説。

突拍子もない解決法が楽しい、科学を使ったハウツー本。

新型コロナウイルス集団感染が発生した韓国で、緊急出版された市民の体験記。
Feature Product 19世紀からの伝統を継ぐ、A.ランゲ&ゾーネの魅惑のコレクション
Feature Product 19世紀からの伝統を継ぐ、A.ランゲ&ゾーネの魅惑のコレクション