走行音から車内販売まで、市川紗椰が熱く綴る鉄道愛。

走行音から車内販売まで、市川紗椰が熱く綴る鉄道愛。

文:今泉愛子

『鉄道について話した。』 市川紗椰 著 集英社 ¥1,430(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】14歳までアメリカで暮らした市川紗椰にとって、鉄道は自由の象徴として憧れの存在。アメリカはクルマ社会だったので、子どもひとりではどこにも行けなかったのだ。モデルとして活躍する現在も鉄道愛は続いている。本書では、現役車両の種類が多く、車両の造りに独特のこだわ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
走行音から車内販売まで、市川紗椰が熱く綴る鉄道愛。