愛だけでは治らぬ依存症の現実、子どもと一緒に見てほしい。

『ビューティフル・ボーイ』

フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン

愛だけでは治らぬ依存症の現実、子どもと一緒に見てほしい。

和田秀樹 精神科医/国際医療福祉大学心理学科教授

原作はネットフリックスのドラマ『13の理由』の脚本家が著した薬物依存症であった自身の回顧録。『君の名前で僕を呼んで』で脚光を浴びたティモシー・シャラメと、彼が敬愛する俳優のひとりだというスティーヴ・カレルが親子役で共演している。©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

アメリカではちょっとした親への反抗心や現状への不満からドラッグに走る子どもは少なくないが、ある確率で恐ろしい依存症に陥ってしまう。治療施設のしつらえが私のアメリカ留学中を思い出させるほど細部までつくり込まれたこの作品は、依存症との戦いをリアルに描いたものだ。美少年のティモシー・シャラメが、堕ち...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
愛だけでは治らぬ依存症の現実、子どもと一緒に見てほしい。