暗いキングスクロス駅裏が、話題の場所に。
LONDON ロンドン

暗いキングスクロス駅裏が、話題の場所に。

文:宮田華子

ふたつの既存建物の上に、「キス」するような形状で屋根が架けられている。photo: John Sturrock

ロンドンの主要発着駅のひとつである、キングスクロス駅。表通りとは異なり裏手は暗く閑散としていたが、2000年代から再開発が進み、昨年10月にショッピングセンター「コール・ドロップス・ヤード」がオープンした。
設計を担当したのは、上海万博のパビリオンなど、独創的な建築を生み出すことで知られるイギリスの設計事務所、ヘザウィック・スタジオ。19世紀につくられた元石炭集積場のレンガ造りを活かしつつ、モダンな雰囲気に生まれ変わらせた。ブティックやレストランなど約50店舗が軒を連ね、連日仕事帰りの人々で賑わっている。大人の遊び場として外せない注目のスポットになりそうだ。

Coal Drops Yard

Kings Cross, London N1C
最寄り駅:KINGS CROSS
営業時間:10時~20時(月~土) 12時~18時(日)
定休日:※施設内は各店によって営業時間、休みは異なる
www.coaldropsyard.com

暗いキングスクロス駅裏が、話題の場所に。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。