肉を培養すると肉ができる⁉ 世界の起業家が投資する新技術。

肉を培養すると肉ができる⁉ 世界の起業家が投資する新技術。

文:今泉愛子

『クリーンミート 培養肉が世界を変える』 ポール・シャピロ/ユヴァル・ノア・ハラリ 著 鈴木素子 訳 日経BP ¥1,980(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

このまま世界の人口が増加し続ければ、肉や牛乳、鶏卵は必ず足りなくなる。生産効率を改善するためには、なにが必要か。そんな危機感から構想されているのが「クリーンミート」だ。動物を飼育して殺処分しなくても、その肉を培養することで、あらたな肉をつくることができるという発想だ。この技術が完成すれば、食糧の確保だけではなく、食の安全性や動物愛護の面でもメリットが多い。本書は、シリコンバレーの起業家も投資するという新技術、クリーンミートの可能性に迫る一冊だ。



なぜインディアンがカジノを? 部族と国家の歴史をひも解く。

グラフィックノベルで初、ブッカー賞候補作の衝撃とは?

中国の巨大IT企業が導く、新たなビジネススタイルとは?

肉を培養すると肉ができる⁉ 世界の起業家が投資する新技術。
Feature Product 現代紳士のためのタイムピース、「ティソ ジェントルマン オートマティック」が叶えるエレガンスと実用性とは。
Feature Product 現代紳士のためのタイムピース、「ティソ ジェントルマン オートマティック」が叶えるエレガンスと実用性とは。

次号予告

なぜ世界は、このブランドに憧れるのか?

オニツカタイガー 完全読本。