浮世絵の300年にわたる壮大な変遷を、『The UKIYO-E 202...

浮世絵の300年にわたる壮大な変遷を、『The UKIYO-E 2020 − 日本三大浮世絵コレクション』で体感。

写真・文:中島良平

左は『東海道五拾三次之内 箱根 湖水図』歌川広重 日本浮世絵博物館(前期展示)。説明的な名所絵から発展し、季節や気候の描写による美的感覚、さらには旅の風情にあふれる風景画が江戸末期に花開いた。

太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団という日本屈指の浮世絵コレクションが一堂に会した壮大な浮世絵展が東京都美術館で開催されている。浮世絵初期の菱川師宣から美人画の喜多川歌麿、さらに葛飾北斎や歌川広重といったスターまでおよそ60名の浮世絵師による455点が前期・後期にわたり集結してい...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
浮世絵の300年にわたる壮大な変遷を、『The UKIYO-E 202...