銀座メゾンエルメス「シャルロット・デュマ」展で紡がれる、馬と人間を巡る...

銀座メゾンエルメス「シャルロット・デュマ」展で紡がれる、馬と人間を巡る静かな時間。

文:はろるど

テキスタイルデザイナーのキッタユウコとのコラボレーション。青色に染め上げられた36枚のオーガニックコットンが美しくなびき、与那国島の澄んだ海を想像させる。© Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès

シャルロット・デュマ(1977年、オランダ生まれ)は、アムステルダムを拠点とするアーティストだ。幼い頃から乗馬に親しんでいた彼女は、社会における動物と人間の関係性をテーマに、約20年にわたり犬や馬などの動物のポートレイトを発表してきた。2014年からは日本を訪問し、いずれも固有の在来馬が生息す...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
銀座メゾンエルメス「シャルロット・デュマ」展で紡がれる、馬と人間を巡る...