建築はひとつの芸術である。大正時代に若き建築家たちが訴えた『分離派建築...

建築はひとつの芸術である。大正時代に若き建築家たちが訴えた『分離派建築会』の活動を振り返る。

文:磯 達雄

山田守/卒業設計「国際労働協会/正面図」1920(大正9)年/東京大学大学院工学研究科建築学専攻[展示期間:10月10―11月10日]。分離派建築会による最初の展覧会で展示された。

日本で初めての建築運動とされるのが、1920年代に活動した分離派建築会だ。歴史に倣った様式建築とも違うし、そののちに主流となる装飾のないモダニズムの建築とも異なる。そのはざまにあって、自由な曲線や曲面で構成される独自の造形に挑戦したのが、彼らだった。その全貌を見せてくれる展覧会が、10月10日...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
建築はひとつの芸術である。大正時代に若き建築家たちが訴えた『分離派建築...
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!