15人のアーティストがラグビー愛を表現、丸ビルで開催中の『ART SC...

15人のアーティストがラグビー愛を表現、丸ビルで開催中の『ART SCRUM』展でラグビーワールドカップをさらに楽しむ。

文:梶原博子

彫刻家の舟越桂の作品。『あの頃のボールをうら返した』 撮影:梶原敏英

連日、日本中を興奮と歓喜の渦に巻き込んでいるラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表は敗退したものの、強豪を相手にベスト8という輝かしい功績を残し、大きな感動を与えてくれた。決勝トーナメントが進み、クライマックスに向かってさらに盛り上がりを見せる中、ラグビーをアートで表現して大会を応援...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
15人のアーティストがラグビー愛を表現、丸ビルで開催中の『ART SC...