夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

メインビジュアルは、グラフィックやモーショングラフィックを中心に活躍しているgroovisionsがデザイン。サーカスのように華やかで楽しい雰囲気が伝わる「六本木アートナイト2016」のアイコン。

今年で7回目を迎える『六本木アートナイト』。「生活の中でアートを」を謳い、夜通しで街ごとアートを感じるフェスティバルが、今年は芸術の秋の10月、3日間に延長されてやってきます。

今回のテーマは『六本木、アートのプレイグラウンド~回る、走る、やってみる。~』。
子どもの頃、公園や空き地に、街に、自分たちだけの空間を見つけ、時を忘れて駆け回った気持ちに還り、見て、聞いて、触れて、体感する、どこか懐かしさをともなった、新しい「リアル」を獲得する場を創りだします。
2016年のメインプログラムアーティストは、彫刻家の名和晃平。画素のPixelと細胞のCellを組み合わせた「PixCell」という独自の概念をさまざまな素材とテクノロジーで造形し、世界に活躍の場を広げている彼の新作は楽しみです。
メインプログラムのコンセプトは“六本木の「森」で迎える、文化の夜明け”。
3日間、六本木の街中で繰り広げられる70以上あるプログラムの数々は、世界から集まった現代アーティストたちのインスタレーション、パフォーマンス、音楽、演劇、舞踏から、サーカス、トークイベント、アートツアーに体操(!)まで。まさに「文化」を有形無形に表現する“アートのお祭り”は、わたしたちが参加することで、ワクワク、ドキドキのプレイグラウンドとして、街の新たな貌を浮かび上がらせるはずです。

エリアにある森美術館、国立新美術館、サントリー美術館や各ギャラリーも開館時間を延長したり、さまざまなプログラムを予定しています。ふらりと訪ねてハプニングを楽しむもよし、プログラムをチェックしてお目当てを体感するもよし。「回る、走る、やってみる。」―その新たな目撃者となり、参加者となり、発信者となるのは、あなたです!(坂本裕子)

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

カンパニー・デ・キダム 《FierS à Cheval~誇り高き馬》 © Marc Van Canneyt
「六本木アートナイト2010年」で絶賛された、フランスを拠点に活躍するスペクタクル・パフォーマンスグループが新作で再来日。平和と純真さ、魂をシンボライズした白く光り輝く馬たちの幻想的な公演は必見!(六本木ヒルズアリーナ、国立新美術館、東京ミッドタウン66プラザ)

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

名和晃平 六本木アートナイト2016六本木ヒルズアリーナで展開するメインプログラムのイメージ
近年は宇宙や空間の概念を形象化したインスタレーション作品が印象的な名和。六本木という空間をどのように変貌させるのか乞うご期待!

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

チェ・ジョンファ 《Love Me》 2013
ピンクに輝く巨大な羽のあるブタはバルーン製。韓国では幸運、富・繁栄を象徴する動物の中が空洞であることを想う時、その楽しい形態が意味するもうひとつの現代が見えてくる・・・?(六本木ヒルズ ウェストウォーク 2F)

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

平本瑞季寿司パフォーマンス「寿司」@あづま寿司 写真:チバガク
笛の音ともにやってくる、一見普通の人々が突然寿司に変貌!?街のどこかに出没するおかしなパフォーマンス、出逢えたらラッキー! (六本木街なか各所)

「六本木アートナイト2016」

開催期間:10月21日(金)17時30分~10月23日(日)6時
開催時間:コアタイム① 10月21日(金)17時30分~24時
デイタイム10月22日(土)11時~17時30分
コアタイム② 10月22日(土)17時30分~10月23日(日)6時

※上記はパフォーマンスやワークショップ等イベントが集中する時間帯
※詳細は公式サイト、各美術館サイトでご確認ください
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、
国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金:無料(ただし、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)

http://www.roppongiartnight.com/2016/

夜通し街でアートを感じる祭典、「六本木アートナイト」が今年も開催です!

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018