未完の下絵でこそわかる、 河鍋暁斎の圧倒的筆力と反骨精神。

未完の下絵でこそわかる、 河鍋暁斎の圧倒的筆力と反骨精神。

文:赤坂英人(美術評論家)

伝統的なテーマを借りながら、そこに新しい視点や解釈を導入して描いた作品も少なくない。また暁斎が創作した人間像はどこか人情の機微を感じさせるものが多い。河鍋暁斎『日本武尊の熊襲退治 下絵』1879年。河鍋暁斎記念美術館蔵。

【Penが選んだ、今月のアート】日本の歴史上、激動の時代だった幕末から明治中期にかけて活躍し「最後の浮世絵師」「反骨の絵師」などと呼ばれ国内外で熱狂的ファンをもつ河鍋暁斎(1831–89年)。暁斎は数え37歳で幕府崩壊と明治維新に遭遇。「狂斎」と号して狂画や錦絵で名を馳せていた時だった。もとも...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
未完の下絵でこそわかる、 河鍋暁斎の圧倒的筆力と反骨精神。