16の仕事を見せる、レンゾ・ピアノ展が好評。
LONDON ロンドン

16の仕事を見せる、レンゾ・ピアノ展が好評。

文:宮田華子

2017年に竣工したスペインの「ボッティン・アート・センター」の展示もある。photo: © Enrico Cano

今年で81歳を迎えてもなお現役で活躍中のレンゾ・ピアノ。photo:© Francois Mori/AP/REX/Shutterstoc

建築界の巨匠、レンゾ・ピアノ。イギリスではロンドンの欧州一の高層ビル「シャード」の設計でお馴染みだ。このほどピアノの16の建築をひも解く展覧会『レンゾ・ピアノ:ビル建設の芸術』がロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで始まり話題を呼んでいる。 プロジェクトごとに模型、図面、手書きメモなどがひとつの...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
16の仕事を見せる、レンゾ・ピアノ展が好評。