Feature Fashion 最上質にして超希少、主役級のラグジュアリーなセーター8選。

最上質にして超希少、主役級のラグジュアリーなセーター8選。

写真:加藤佳男 スタイリング:小林 新(UM) 構成・文:飴李花

記録的な猛暑や異常気象の記憶もどこへやら……。日に日に肌寒さが増してくる今日この頃は、ニットの買い頃でもあります。今回は、数あるニットウエアの中でも、エクストリームな上質さとクラス感を誇るラグジュアリーなセーター8点を厳選してご紹介します。

最上質にして超希少、主役級のラグジュアリーなセーター8選。

冬になると必ずといっていいほど恋しくなるのが、ニットウエア特有のウォーム感。シャギードッグセーターやガンジーセーターのような、クラシカルで味わい深い表情も確かに魅力的ではありますが、やっぱり″ソフトな肌触り”というのは大人の男性にとって妥協できない要素です。そこで、極上の感触と着心地を約束できる、ハイエンドのセーターを8点ピックアップしてみました。いずれもいまこそ手に入れたい、コーディネートの主役を張れる大物たちです。


1.ロロ・ピアーナ――ヤギの一生で1度だけ、30グラムしか採れない幻の繊維。
2.イル ボルゴ――かの有名メゾンも惚れ込んだ、職人技のニッティング
3.ブルネロ クチネリ――上品ニュアンスカラーと、やわらかな質感の相乗効果。
4.サルーテピウ――「カシミアシルクこそがベスト」という、ひとつの結論。
5.ジ エルダー ステイツマン――洒脱なヌケ感が漂う、シャーベット・カシミア
6.インディゴ エィエム――毛皮の頂点セーブルが、カシミアとの融合を果たす。
7.ザ・イノウエ・ブラザーズ――インカ帝国最高のステータスが、現代に蘇る?
8.クルチアーニ――ピュアホワイトに浮かび上がる、洗練の幾何学模様。

Feature Fashion 最上質にして超希少、主役級のラグジュアリーなセーター8選。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018