Feature Design 東京都現代美術館がリニューアル。長坂常と色部義昭が考えた「普段使い」の仕掛けとは?

東京都現代美術館がリニューアル。長坂常と色部義昭が考えた「普段使い」の仕掛けとは?

写真:齋藤誠一 文:山田泰巨

去る3月、約3年にわたり大規模改修工事を行っていた東京都現代美術館がリニューアル・オープンしました。注目は館内の新たな什器とサイン。これを手がけた建築家の長坂常さんとアート・ディレクターの色部義昭さんに、美術館を案内してもらいました。

東京都現代美術館がリニューアル。長坂常と色部義昭が考えた「普段使い」の仕掛けとは?

館内エントラスの中央にあるミュージアムショップの入り口に立つふたり。左から長坂常さん、色部義昭さん。

2019年3月29日、およそ3年にわたる大規模改修を経て、東京都現代美術館がリニューアル・オープンしました。今回の改修は、設備の修繕を中心にエレベーターや子育て支援施設を増設するなど、ホスピタリティの向上が目的でした。そのため建築的に大きな変化はないものの、目に見えてわかる変化があります。それが、一新された館内の什器やサインです。よりユーザーフレンドリーな美術館を目指してこれらのデザインを手がけたのは、スキーマ建築計画を率いる建築家の長坂常さんと、日本デザインセンターに所属するアート・ディレクターの色部義昭さん。巨大な美術館に生まれた軽やかなリニューアル計画について、ふたりにお話を聞きました。


1 / 4p
Feature Design 東京都現代美術館がリニューアル。長坂常と色部義昭が考えた「普段使い」の仕掛けとは?