Feature Design 北海道・十勝の自然に囲まれた「メムアースホテル」を、地球を旅する写真家・石川直樹が訪れる。

北海道・十勝の自然に囲まれた「メムアースホテル」を、地球を旅する写真家・石川直樹が訪れる。

写真:後藤武浩 文:小川 彩

十勝平野から太平洋を臨む、北海道大樹町芽武(めむ)に2018年11月にオープンしたサステイナブル住宅による宿泊施設「メムアースホテル」。大自然の中に佇むユニークなコンセプトのホテルに、世界の極地から街まであらゆる土地を旅する、写真家の石川直樹さんが訪れた。

北海道・十勝の自然に囲まれた「メムアースホテル」を、地球を旅する写真家・石川直樹が訪れる。

今年の夏から宿泊可能になった、平原の中の「HORIZON HOUSE」に立つ石川さん。室内にいながら地平線をぐるっと眺められる、開口部を360°取った建物だ。

メムアースホテルの主役は、かつてサラブレッドを育ててきた牧場の広大な平原に建てられた宿泊施設としての実験住宅と、豊かな自然。訪れたゲストは、「国際大学建築コンペ」で最優秀に選ばれ、実際に建てられた前衛的な作品に滞在することができる。ここは地域の資源を生かし、寒冷地における持続可能な暮らしを研究する「MEMU MEADOWS」を前身として、実際に地域におけるサステイナブルな暮らし方を体験する宿泊施設として2018年にコンバージョンした。自然とともに現代建築を体感できる唯一無二のホテルを、世界中を旅してきた石川さんはどのように感じただろうか?

1 / 4p
Feature Design 北海道・十勝の自然に囲まれた「メムアースホテル」を、地球を旅する写真家・石川直樹が訪れる。