Feature Culture 天才絵師・葛飾北斎を演じた田中泯が語る、魂が動く表現の瞬間とは。

天才絵師・葛飾北斎を演じた田中泯が語る、魂が動く表現の瞬間とは。

写真:岡村昌宏(CROSSOVER) 文:久保玲子 スタイリング:九(Yolken) ヘア&メイク:横山雷志郎

絵師・葛飾北斎の謎多き生涯に迫る映画『HOKUSAI』。青年期から晩年までを辿る本作の中で、世界的にも有名な『冨嶽三十六景』を生み出した老年期の北斎を演じているのが田中泯だ。緊張感に満ちた、圧巻の演技をスクリーンで見せた田中に話を聞いた。

天才絵師・葛飾北斎を演じた田中泯が語る、魂が動く表現の瞬間とは。

森羅万象を描き、ゴッホやモネら印象派をはじめ世界のアートシーンに多大なる影響を与えた絵師、葛飾北斎。生誕260年にあたる2020年、謎の多い天才絵師に迫る映画『HOKUSAI』が発表された(公開は21年に延期)。

版元・蔦屋重三郎との出会い、『神奈川沖浪裏』誕生、戯作者・柳亭種彦との邂逅といったターニングポイントをつなぎながら、その青年期を柳楽優弥が演じ、70代で『冨嶽三十六景』を描き江戸の町人文化を席巻、「あと5年生かしてくれたら真の絵描きになれるのに」と言い残して90歳で亡くなるまでの晩年は、田中泯に託された。

映画初出演作『たそがれ清兵衛』以来、唯一無二の存在感で映画界に新風を吹き込み続ける世界的ダンサーの田中は、一心不乱に己の絵を追い求めた葛飾北斎の魂をスクリーンに呼び込む。北斎への想い、そして自身について、語ってもらった。

1 / 3p
Feature Culture 天才絵師・葛飾北斎を演じた田中泯が語る、魂が動く表現の瞬間とは。