Feature Culture 若者の街、渋谷の原点は百軒店にあった。【速水健朗の文化的東京案内。渋谷篇⑥】

若者の街、渋谷の原点は百軒店にあった。【速水健朗の文化的東京案内。渋谷篇⑥】

文:速水健朗 写真:安川結子 イラスト:黒木仁史

スクラップ・アンド・ビルドを繰り返す東京を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通して、埋もれた歴史を掘り起こします。駅周辺の大規模開発が進む渋谷は、これまでも時代によって印象を大きく変えてきました。今回も引き続き「渋谷は子どもの街か、大人の街か」という切り口でこの街をひも解きます。

若者の街、渋谷の原点は百軒店にあった。【速水健朗の文化的東京案内。渋谷篇⑥】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

6回にわたって、「子どもの街か、大人の街か」というテーマで渋谷の話をしてきました。最後に速水さんが向かったのは、道玄坂から横道に入った百軒店(ひゃっけんだな)でした。どうやら、ここに渋谷の街の原点があるようです。名曲喫茶ライオンやカレーのムルギーなど、老舗が残るこの場所は、かつてはどのような姿だったのでしょうか?


前回【渋谷篇⑤学生運動世代が眺める、渋谷の変貌。】はこちら

1 / 3p
Feature Culture 若者の街、渋谷の原点は百軒店にあった。【速水健朗の文化的東京案内。渋谷篇⑥】