Feature Culture アイビーとVAN、そしてみゆき族の足跡を辿る。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇③】

アイビーとVAN、そしてみゆき族の足跡を辿る。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇③】

文:速水健朗 写真:安川結子 イラスト:黒木仁史

スクラップ・アンド・ビルドを繰り返す東京を、ライターの速水健朗さんが案内。過去のドラマや映画、小説などを通し、埋もれた歴史を掘り起こしていく。銀座篇の最終回は、日本のファッション史に多大な影響を与えた「みゆき族」について。

アイビーとVAN、そしてみゆき族の足跡を辿る。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇③】

速水健朗(はやみず・けんろう)●1973年、石川県生まれ。ライター、編集者。文学から映画、都市論、メディア論、ショッピングモール研究など幅広く論じる。著書に『東京どこに住む?』『フード左翼とフード右翼』などがある。

銀座の最終地点として、「VAN」のロゴが入った紙袋を手にした速水さんが訪れたのは、銀座5丁目と銀座6丁目の境に位置するみゆき通り。1964年の東京オリンピック直前に世間を賑わせた「みゆき族」の存在について語るという。70年代、80年代と続き、今回は60年代の銀座だ。どのような景色が見えてくるのだろうか。

1 / 3p
Feature Culture アイビーとVAN、そしてみゆき族の足跡を辿る。【速水健朗の文化的東京案内。銀座篇③】