Feature Culture “伝説のバーマン”、チャールズ・シューマンに島地勝彦が薦めたい東京のトップバーとは?

“伝説のバーマン”、チャールズ・シューマンに島地勝彦が薦めたい東京のトップバーとは?

写真:峯 竜也 文:ペン編集部

エッセイスト&バーマンとして活躍する島地勝彦さんと、“伝説のバーマン”、チャールズ・シューマンさんの対談が実現。島地さんがシューマンさんを案内したい、東京のトップバーとは? そこで飲むべき究極の一杯とは? この都市が誇る名店について語ってもらいました。

“伝説のバーマン”、チャールズ・シューマンに島地勝彦が薦めたい東京のトップバーとは?

エッセイスト&バーマンの島地勝彦さん(左)と、『シューマンズ バー ブック』(河出書房新社)の著者であり、ミュンヘンにある「シューマンズ バー」のオーナーであるチャールズ・シューマンさん(右)。

桜の花がほころび始めた3月のある日の午後。エッセイスト&バーマンの島地勝彦さんは、伊勢丹新宿店メンズ館8階にあるバー「サロン ド シマジ」のカウンターに立っていました。『週刊プレイボーイ』や『PLAYBOY日本版』の編集長として腕を鳴らし、数々のヒット企画や連載を手がけた島地さんですが、珍しくどこか緊張した面持ち。それもそのはず、あの世界的に有名な伝説のバーマン、チャールズ・シューマンさんが島地さんに会いに来るというのです。

シューマンさんは、4月21日に渋谷のシアター・イメージフォーラム他で封切られる映画『シューマンズ バー ブック』のプロモーションのために来日していました。この映画は、彼がニューヨークやパリ、ハバナや東京のトップバーを訪れるドキュメンタリー。島地さんは、そのパンフレットに寄稿しました。すると、それを読んだシューマンさんは、「これは私へのラブレターだ!」と感激して、どうしても島地さんに会いたくなったそうなのです。

島地さんは、編集者を辞めてから71歳の時にバーマンを始めた、いわば“にわかバーマン”。これに対し、シューマンさんは世界中のバーで愛読されるカクテルレシピ本『シューマンズ バー ブック』の著者として名を知られるカリスマ的存在です。今回の対談はどうも位が違い過ぎるのではないか、と島地さんの脳裏に一抹の不安がよぎったその時、シューマンさんは颯爽とサロンに姿を現したのでした。

Feature Culture “伝説のバーマン”、チャールズ・シューマンに島地勝彦が薦めたい東京のトップバーとは?

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018