Feature Art お台場に誕生するデジタルアートのミュージアム「チームラボ ボーダレス」、前代未聞の展示をいちはやく動画でレポート!

お台場に誕生するデジタルアートのミュージアム「チームラボ ボーダレス」、前代未聞の展示をいちはやく動画でレポート!

動画:谷山武士 文:Pen編集部

6月21日、チームラボによる初のミュージアム「チームラボ ボーダレス」がお台場に誕生します。人の動きに合わせて作品が変化したり、作品の中の動物が別の作品へ移動したり、まさに「境界のない」前代未聞のアート空間を動画でご紹介します。6月15日発売の『Pen』チームラボ特集とあわせてお楽しみください!

お台場に誕生するデジタルアートのミュージアム「チームラボ ボーダレス」、前代未聞の展示をいちはやく動画でレポート!

「チームラボ ボーダレス」は、デジタルアートで知られるアーティスト集団「チームラボ」による初のミュージアム。展示スペースは10,000㎡におよび、約50の作品が展示される、世界でも類を見ない大規模なデジタルアートのミュージアムです。約520台のコンピューターと約470台のプロジェクターが使われており、人の動きに応じてリアルタイムで変化するインタラクティブな作品や、身体を動かしながら楽しむ作品がたくさん。そうした作品の一部を動画でご紹介しましょう。


題名『人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる』

まずは、『Pen』チームラボ特集の表紙を飾った作品から紹介しましょう。大きな壁を伝って滝の水が流れ落ち、部屋全体に水が流れていきます。センサーで人の動きを読み取り、水が人に触れると、人を避けるように流れを変更。一面を彩るさまざまな草花は、部屋を飛び出し外の通路にもあふれていきます。自然の雄大さを、身体中で感じられる作品です。

題名『花の森、埋もれ失いそして生まれる』

上の『人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる』の部屋ともシームレスにつながっているこの作品は、ランダムに張り巡らせた鏡の壁によって、方向感覚を失いそうになる迷宮空間。立ち止まっていると壁一面に花が咲き、歩くと花が散っていきます。花は12カ月それぞれを象徴する品種が咲くように考えられているので、空間全体の様相はしだいに変わっていきます。このミュージアムでは順路が示されず、思い思いのルートで楽しめますが、自分がどこを進んできたのかわからなくなってしまいそうです。

題名『花の森で生まれ、花と共に生きる動物達』

ミュージアムのいたるところでは、象や孔雀、蝶、踊る人々など、さまざまな生き物が動き回っています。それらの全身は花で描かれていますが、人が触れると花は散っていきます。花が全部散ると、動物は消えてしまいます。彼らはプログラミングによって動いているので、どこで出会えるかはわかりません。そんな一期一会が楽しめるのも、このミュージアムの特徴です。

題名『地形の記憶』

腰や膝の位置でゆらゆらと揺れる円盤に、四季折々の棚田の光景が映し出された部屋。春の田植え、夏の青い稲、秋の黄金色の稲穂と、実際の季節がめぐるように場面は変わり、時には蛙や大量のイナゴが飛び交うことも。たくさんの蛍はリズムを合わせて光ります。周囲は鏡で囲まれており、その景色はどこまでも続く田園風景のようです。

題名『グラフィティネイチャー 山山と深い谷』

3階に上がると、身体を使って作品を楽しむ空間「チームラボ アスレチックス 運動の森」が広がっています。メインとなるこの作品では、山を模した凹凸のある床でたくさんの生き物が歩いたり泳いだりしています。来場者が会場で紙に生き物を描いてスキャンすると、それも仲間に加わる仕組み。子どもたちが走りまわり、動物たちと戯れながら、生態系の仕組みを学べるのです。

題名『ワンダー・スルー・ザ・クリスタル・ワールド』

前後左右、さらに上下が鏡に覆われた部屋に、無数のLEDが吊り下げられた異空間。一つひとつのLEDが点滅を繰り返し、その光の塊が空間全体を有機的に動き回ります。つまり、光の点の集合が立体物になり、それが動き回るのです。周囲に張り巡らされた鏡の効果もあって、現実とは思えないSFの世界に迷い込んだ気分です。

題名『マルチジャンピング宇宙』

自らの身体で体験し宇宙をて学べる作品。トランポリンに人が乗ると足元に星屑が集まってきて新しい星が生まれ、成長し、最後に爆発して星は一生を終えます。飛び跳ねる高さが高いほど大きな星になり、そのうちの一部はブラックホールに。トランポリンにかかる力が星の大小を決めるのです。


6月15日発売のPen最新号『チームラボの正体。』では、アーティストとしても活躍する木梨憲武さんにこのミュージアムを体験してもらいました。その他、チームラボの過去の代表作や、未来の街づくり計画、代表の猪子寿之さんへのインタビューなど、さまざまな角度からチームラボに迫っています。ぜひ、こちらも合わせてご覧ください。

詳しくはこちら→https://www.pen-online.jp/magazine/pen/454-teamlab/

森ビル デジタルアート ミュージアム: エプソン チームラボ ボーダレス
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM : EPSON teamLab Borderless

●6月21日(木)オープン
●東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
開館時間:11時〜21時(月〜木)、11時〜22時( 金、祝前日)、10時〜22時(土)、10時〜20時(日、祝)
※最終入館は閉館の 1 時間前、営業時間はシーズンによって異なる。
無休
入場料:一般¥3,200
https://borderless.teamlab.art/jp

Feature Art お台場に誕生するデジタルアートのミュージアム「チームラボ ボーダレス」、前代未聞の展示をいちはやく動画でレポート!

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。