Feature Art これからの世界に向けたメッセージ——。森美術館・片岡真実館長が語る『STARS展』の意義と、現代アートの必要性。

これからの世界に向けたメッセージ——。森美術館・片岡真実館長が語る『STARS展』の意義と、現代アートの必要性。

ポートレート:齋藤誠一 文:岩崎香央理

日本という枠を飛び出し、世界の現代美術シーンで輝きを放つ6人のアーティストが集結した展覧会『STARS展:現代美術のスターたち—日本から世界へ』が森美術館で開催中だ。コロナ禍での閉鎖期間を経て、満を持しての公開となった本展。その見どころを、館長の言葉とともに紹介する。

これからの世界に向けたメッセージ——。森美術館・片岡真実館長が語る『STARS展』の意義と、現代アートの必要性。

村上 隆 展示風景:『STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ』森美術館(東京)2020年 撮影:高山幸三 画像提供:森美術館

草間彌生、李禹煥(リ・ウファン)、宮島達男、村上隆、奈良美智、杉本博司。日本を代表する6人のアーティストが一堂に会した『STARS展:現代美術のスターたち——日本から世界へ』が、森美術館で開催されている。当初は2020年4月23日に幕を開ける予定だった本展だが、新型コロナウィルスの影響で延期となり、改めて7月31日より、来年1月3日まで会期を延長しての公開となった。

2020年1月に森美術館の新館長に就任した片岡真実さんに、企画段階から全体を取りまとめてきた『STARS展』の見どころを聞くとともに、いまだからこそ現代美術を観る意義を語ってもらった。

1 / 3p
Feature Art これからの世界に向けたメッセージ——。森美術館・片岡真実館長が語る『STARS展』の意義と、現代アートの必要性。
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第5回:超絶技巧による、美しきトゥールビヨン
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第5回:超絶技巧による、美しきトゥールビヨン