Feature Art マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

写真&文:中島良平

2020年3月19日、優れた作品を発表した新人写真家を表彰する「木村伊兵衛写真賞」の第45回受賞者として、アーティストの片山真理の名前が発表された(横田大輔とダブル受賞)。群馬県の自宅に隣接する片山のアトリエを訪れ、受賞までのキャリアと今後の展望について話を訊いた。

マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

2017年末より企画が進み、19年3月に出版された待望の初作品集。『GIFT』片山真理・写真、ユナイテッドヴァガボンズ刊 ¥5,500(税込)

先天的に四肢疾患をもち、9歳で両足を切断して義足での生活を送り始めた片山真理。2013年の「あいちトリエンナーレ」で広く注目され、16年に森美術館で開催された『六本木クロッシング』展では圧巻の存在感を放った。以後、ヴェネチア・ビエンナーレや世界最大規模の写真の祭典「パリ・フォト」への参加など、国際舞台で活躍を続けてきた。

その彼女が20年の春、木村伊兵衛写真賞を受賞した。評価対象は、上記のヴェネチア・ビエンナーレでの展示と、19年に出版された作品集『GIFT』(ユナイテッドヴァガボンズ刊)。発表の時系列に沿って作品が見られるこの作品集を前に、片山は、自身でものをつくる感覚は変わっていないと話す。やりたいことがあったらそのために必要な技術を覚え、必要な条件があったらそこに合わせて自分の方法や考え方を変え、「流れに身を任せてきた」のだ。

マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。

「高校生の頃に私のSNSを見たスタイリストの島田辰哉さんにお誘いいただいて、義足に絵を描いてファッションショーのモデルをやる機会がありました。それから義足について書いたテキストが群馬青年ビエンナーレの一次審査を通って、作品を提出することになったんですね。『作品ってなに?』『アートってなに?』っていう状態で、とりあえずホームセンターに行って素材を探したことを覚えています」と笑う片山。

1 / 4p
Feature Art マネキンからリアルへ。木村伊兵衛写真賞を受賞した片山真理が語る、「それまで」と「これから」。
Feature Product セイコー プレザージュ×スタジオジブリ、日本の真摯なモノづくりの競演が生んだタイムピース
Feature Product セイコー プレザージュ×スタジオジブリ、日本の真摯なモノづくりの競演が生んだタイムピース