Feature Art 記憶を継承し、未来をつくる。建築家・田根剛が語る「弘前れんが倉庫美術館」【ケンチクのこれから VOL.1】

記憶を継承し、未来をつくる。建築家・田根剛が語る「弘前れんが倉庫美術館」【ケンチクのこれから VOL.1】

文・写真(ポートレートのみ):山田泰巨

青森県弘前市に開館した「弘前れんが倉庫美術館」は、およそ築百年のレンガ倉庫をリノベーションして生まれた同市初の公立美術館だ。設計はパリを拠点に活躍する建築家の田根剛。場所の記憶を継承して建築に挑む彼が、弘前で考えたこととはなにか。人と街、そして記憶を繋ぐ建築に迫った。

記憶を継承し、未来をつくる。建築家・田根剛が語る「弘前れんが倉庫美術館」【ケンチクのこれから VOL.1】

2020年7月11日、新型コロナウイルスの感染拡大防止から開館を延期していた「弘前れんが倉庫美術館」がついにグランドオープンした。写真は同館前に立つ建築家の田根剛。

2020年7月、「弘前れんが倉庫美術館」がグランドオープンした。青森県弘前市の中心部に立つレンガ造りの美術館は、長く市民に愛されてきた建物を美術館として再生、継承したものだ。設計はパリを拠点に活躍する建築家の田根剛である。

青森県はいま、国内有数のアート発信地だ。2001年、青森市に安藤忠雄の設計によりアーティストたちが滞在制作を行う国際芸術センター青森が開館して以降、同県には次々と著名建築家の設計による美術館が開館している。青森市には青木淳による青森県立美術館、十和田市には西沢立衛による十和田市現代美術館があり、弘前れんが倉庫美術館はそれに名を連ねることとなる。2021年には先ごろ開館した京都市京セラ美術館の設計者の一人である西澤徹夫が浅子佳英とともに進める八戸市新美術館(仮)も開館を控える。開館日、完成を祝う人々の姿に安堵する田根に思いを聞いた。

1 / 4p
Feature Art 記憶を継承し、未来をつくる。建築家・田根剛が語る「弘前れんが倉庫美術館」【ケンチクのこれから VOL.1】