軽井沢の自然に癒される、都心から気軽に行けるリトリート旅【旅する腕時計】

  • 文:佐野慎悟

Share:

大きな暖炉を囲むホテルインディゴ軽井沢のロビーラウンジ。代官山蔦屋書店のコンシェルジュが選んだ書籍50冊が並ぶライブラリーも併設。

連載「旅する腕時計」

旅は非日常へと誘うとともに、人生に彩りを添えてくれる。だからこそ特別な時を過ごす旅先には、シーンに合わせた腕時計を選びたい。思い出とともに刻み、旅情を掻き立てるのはどんな一本!?

【宿泊券プレゼント】
ホテルインディゴ軽井沢の宿泊券を1組2名様にプレゼントします。応募要項は、記事の最後をご確認ください。

 

穏やかな気候に恵まれる新緑の季節。少し長めの休みが取れたなら、心と身体をリフレッシュできるような、リトリートの旅へと出かけたい。そんな気軽な旅の目的地に最適なのが、東京からのアクセスも抜群で、日本における避暑リゾートの発祥地と言われる軽井沢。2022年にこの地にオープンした「ホテルインディゴ軽井沢」で過ごす、心地よいくつろぎの体験をリポートする。

ホテルインディゴ軽井沢-外観.jpg
ロビー棟、ダイニング棟、スパ棟の3棟からなるホテルインディゴ軽井沢では、木材素材の80%に長野県産唐松の間伐材を使用。

2022年に軽井沢にオープンしたホテルインディゴは、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツが、“ネイバーフッドストーリー”というコンセプトでグローバルに展開するホテルブランドのひとつ。世界に同じ街がふたつとないように、ホテルインディゴも、街の個性に溶け込みながら、それぞれがまったく異なる表情を見せる。ロビーに線路が交差するホテルインディゴエルパソや、元修道院の建物をリノベーションしたホテルインディゴベネチアなど、その土地ならではの空気感やカルチャーを感じられる、個性豊かなホテルが世界各地に点在する。

浅間山の大自然に抱かれた軽井沢は、古くから心身のリフレッシュを求めて訪れるリゾート地として、西洋と東洋が融合する独自の風土を育み、またその中で、アート、スポーツ、文学、食など、さまざまな文化の成熟と発展を見守ってきた。ホテルインディゴ軽井沢のエントランスをくぐると、大きな暖炉を囲むロビーラウンジに迎えられる。このロビーはラウンジスペースを兼ねており、軽井沢で育まれてきたサロン文化を想起させるような、人々の交流の場としての機能も併せ持つ。ホテル内には、至る所に軽井沢の景色をモチーフにした多種多様なアート作品が飾られ、それらを鑑賞して回るだけでも、土地の空気感に身体が馴染んでいく感覚が得られるだろう。

ゲストルームは低層の宿泊棟3棟に155室を備え、それぞれの部屋から森の木立や小川のせせらぎなど、軽井沢ならではの風景が愉しめる。長野県産の唐松の間伐材を使った建築やインテリアも、屋内にいながら、まるで森林浴をしているような心地よさを演出し、自然と深呼吸をしている自分に気付かされる。

karuizawa22.06B-16.jpg
karuizawa22.06B-18.jpg
karuizawa22.06B-19.jpg
ゆったりとした空間の中で、森の中で暮らしているような感覚が得られるスイートルーム。その他、スタンダードルームには2タイプの客室がある。

---fadeinPager---

自然と調和する色や素材の腕時計をおともに、森林浴をより充実した時間に

静かな森の中に佇むホテルインディゴ軽井沢で過ごすなら、その穏やかな自然とリラックスした雰囲気にすっと寄り添うような時計を携えたい。豪華なデザインや、複雑な機能は必要ない。ハミルトンの約100年におよぶミリタリーウォッチの系譜を継承し、アウトドアにおける冒険を愉しむために新たに開発された「カーキ フィールド チタニウム オート」は、木漏れ日の中を歩く時間を特別なものにしてくれる。

使うほどに馴染んでいくカウレザー製のストラップやグリーンのダイヤルカラーが、自然との美しい調和を見せる。ミリタリー由来のやや武骨なデザインでありながら、主張を控えた38mmのサイズや、マットな仕上げのチタンケースが落ち着いた雰囲気も演出する。

一方で、軽量なチタン素材による優れた装着感や、80時間のパワーリザーブや耐磁性を備えた「H-10」ムーブメントも申し分ない。搭載されたニヴァクロン製ヒゲゼンマイは、磁気帯しづらい非鉄素材であり、温度変化にも影響を受けづらいという。朝晩で気温の高低差がある軽井沢の地でも、気にせずに使えるのも嬉しい。

261ok.jpg
ハミルトン カーキ フィールド チタニウム オート/軽量ながら高い機能性と本格的なミリタリーテイストのスタイルが融合した、タフなチタン製フィールドウォッチ。カーキグリーンのダイヤルとヌバックレザーのストラップが、アウトドアシーンに違和感なく溶け込む。自動巻き、チタンケース、ケース径38㎜、パワーリザーブ約80時間、シースルーバック、レザーストラップ、10気圧防水。¥145,200/ハミルトン TEL:03-6254-7371

---fadeinPager---

地元食材をふんだんに取り入れた、野趣あふれる薪火ダイニング。

ホテルインディゴでゆったりとした時間を過ごすゲストたちは、食事もホテル内で取ることが多いという。オールデイダイニング「KAGARIBI」は、軽井沢で採れた地野菜や、 信州産の牛・豚・鶏、海の幸など、自然がもたらす豊富な食材を暖炉で仕上げる薪火イタリアン。オーセンティックなイタリアンをベースに、軽井沢の風土から着想を得た個性豊かな食体験を提供している。

薪の直火と煙で香ばしくスモークされた肉や魚、そして滋味あふれる季節野菜の数々は、モダンでスタイリッシュなホテルの中にいながら、アウトドアの野趣も味わうことができる。ホテル周辺地域のネイバーフッドのワインはもちろんのこと、珍しい軽井沢産の芋焼酎を使ったカクテルなどとのペアリングもバリエーション豊かで、毎日通い続けても、その都度新しい発見をもたらしてくれるはずだ。

karuizawaA_Dining-hall3.jpg
ピザ窯で焼き上げる自家製ピザや、薪火で豪快に焼き上げる肉料理や野菜料理を提供するオールデイダイニング「KAGARIBI」。宿泊ゲスト以外の利用も可能で、屋外テラス20席はペット同伴でも可。
24_0220_INDIGO-K_0052-M.jpg
6月末まで提供される春のコース料理。4品(¥7,000)と5品(¥10,000、ともにサービス料別)のコースがあり、4品の場合はメインを肉と魚から選び、5品の場合はメインを肉と魚両方選べる。左から順に、アンティパスト「信州 酔いどれサーモンのタルタルと春野菜のアンティパスト」、メイン「鮮魚の薪グリル 季節野菜 ジンジャーソース」「信州福味鶏のインボルティーニ デュカスパイス」、パスタ「自家製サルシッチャとクレソンのタリアテッレパルミジャーノと生胡椒 T」、デザート「ラズベリーとピスタチオのクロカンテ トンカの香り」。最後にコーヒーか紅茶のドリンクが付く。 

ホテルインディゴ軽井沢に滞在するなら、癒やしやウェルネスの時間も大事にしたい。スパ棟にはタイ発祥の名門スパ「ザ・スパ by HARNN」や、電気を一切使わないドイツ製の水抵抗や自走式駆動の機器を採用したフィットネスセンター、そして炭酸泉露天風呂やサウナ・水風呂を備えた大浴場があり、この棟の中で一日の大半の時間を過ごせるほど、充実した施設を揃えている。

スパでは、高品質で香り高いHARNNのプロダクツを使用し、オイルを使用したボディマッサージをはじめ、一人ひとりの身体の状態に合わせたパーソナライズメニューを提供しており、軽井沢の静かな森の中に溶け込んでいくような、深いリラックス感を堪能できる。また、24時間オープンのフィットネスセンターでは、環境負荷を最大限考慮した革新的なマシンを使うことで、身体を動かしながら、同時に豊かな自然に思いを馳せるという、新感覚のフィットネス体験も叶えてくれる。

広々とした大浴場にある露天風呂では、小鳥のさえずりや、森を吹き抜けるそよ風と、それに運ばれてくる木々や花々の匂いを感じながら、春から夏にかけては生命力あふれる新緑を、秋なら紅葉、冬なら雪景色と、四季を通して軽井沢の自然に没入できるだろう。

旅先では、その土地でしか触れることのできない風土や文化に身と心を溶け込ませることこそが、最高に贅沢な体験となる。土地の個性を映す鏡のようなホテルインディゴ軽井沢で過ごすバケーションは、旅の記憶も鮮明に残るはずだ。

karuizawaB-28_daiyokujo_wide1.jpg
karuizawaC-33_sauna3.jpgスパ棟の中にある大浴場の内装も、本館同様スタイリッシュなデザインで統一。浴槽は横長につくられており、利用者全てが屋外の景色を眺めながら湯に浸かれる。木材をふんだんに使用したサウナも人気だ。

 

ホテルインディゴ軽井沢

長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18-39
TEL:0267-42-1100
https://karuizawa.hotelindigo.com

 

【応募規約】

<応募期間>
2024年5月2日(木)18:00 〜 2024年月5日19日(日)23:59

<賞品>
ホテルインディゴ軽井沢の宿泊券を抽選で1組2名様にプレゼントします。
■タイプ:スタンダードガーデンビュールームのツインまたはキングを1組2名様 1泊朝食付き(どちらの客室を希望かはご予約の際にお選びいただけます)
■有効期間:2024年6月1日(土)~ 2024年11月30日(土)
※ただし、7月13日、14日、8月10〜14日 9月14日、15日、21日、22日、10月12日、13日、11月2日、3日、および満室日を除きます。
予約は電話にてホテルに直接お問い合わせください。

<応募方法>
応募は、Instagram「フォロー&いいね」で完了。1名様を抽選します。
【1】InstagramでPenの公式ウォッチアカウントWatch Fav by Pen Magazine(@watchfav_penmagazine)をフォローしてください。
【2】以下のキャンペーン告知投稿に「いいね」してください。

 
<応募条件>
・応募に際して、本ページに記載の概要・注意事項等にご同意いただいていること。
・満20歳未満の方はご参加いただけません。
・当選賞品の受取人は日本国内にお住まいの満20歳以上の方に限ります。
・20歳未満であると判断した場合は当選対象から除かせていただきます。
・Instagramのアカウントをお持ちで、公開していること(非公開にしている場合は応募が無効となります)。
・InstagramでPen公式ウォッチアカウントをフォローしていること。
※本キャンペーンへのご応募にあたり、本キャンペーンサイトへの不正アクセス、Instagramアカウントの不正取得、その他の不正行為を行ったことが発覚した場合は、ご応募を無効といたします。
※フィーチャーフォン(ガラケー)からはご応募できません。

<当選の通知>
当選者には応募時に使用されたInstagramアカウントへのDMにて賞品お送り先ご登録用のフォームURL記載の当選通知を差し上げます。
※当選通知は2024年5月下旬を予定しておりますが、諸事情により通知が遅れる場合がございます。
※当選通知をお送りしたDMに対し、ご返信をいただいても対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

<注意事項>
・Instagramのアカウント名を変更または削除した場合、また、Pen公式アカウントからのDMの受け取りを拒否している場合は、当選の権利が無効となります。同一人物による複数アカウントでの連続応募等、本キャンペーン運営上、平等性を欠くような妨害、不正行為であると当社が判断した場合、当社ならびに第三者を誹謗・中傷する投稿であると当社が判断した場合、または本応募規約に違反すると当社が判断した場合、事前予告なくご応募を無効とさせていただく場合がございます。
・本キャンペーンはメタ社の提供・協賛によるものではありません。
・投稿者は、メタ社の定める利用規約を遵守するものとし、自己の責任において本キャンペーンへ参加するものとします。
・本キャンペーンへの投稿に起因するアカウントの制限または凍結に関して当社は一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。また、通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンの応募状況および抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
・ご当選の権利はご当選者様ご本人のものとなり、売買、換金は禁止いたします。
・賞品のネットオークション等での出品は禁止いたします。
・本キャンペーンは、予告なく中止または内容が変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンへのご応募に関連して応募者が何らかの損害を被った場合であっても、当社は、一切責任を負いません。
・当社は、ネットワークの不具合、コンピューターウイルスの影響及びサーバーへの不正アクセス等により、本キャンペーンの円滑な運営、安全性、公正性等が損なわれると判断した場合は、予告なく本キャンペーンを終了もしくはルールを変更することができるものとし、それに関連して生じた応募者の損害等について、一切責任を負いません。
・当社は、当選後にご応募が無効となる事由が発覚した場合、当選の取り消しを行うことができます。

<個人情報の取り扱い>
個人情報取り扱いについて、下記サイトにてご確認ください。
cccmh.co.jp/privacy